1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

三菱 ミラージュの年齢別保険料


33103

三菱 ミラージュの保険料例

車名(通称名):三菱 ミラージュ
型式:DBA-A05A
初度登録:平成27年1月
車両保険価額:135万円

今回試算した三菱 ミラージュの保険加入者は、被保険者が30歳の契約者本人です。
気になる保険料は、年間で43,480円となりました。

一般車両保険を付けた14等級(50%割引)での試算ですから、かなり安い見積です。

三菱ミラージュは、コンパクトで低燃費なクルマとして、日常の買い物などの足代わりに、また通勤通学に利用する人も多いのではないでしょうか?
三菱自動車がコンパクトカーのお手本となるような原点回帰を狙った、真面目な作りのクルマですね。

多くのユーザーがエコな安全運転をこころがけていることから、基本的なクラス料率も低く各社とも安い保険料になっています。

今回の保険会社を選ぶ理由

保険会社:三井ダイレクト

保険会社は、国内ダイレクト損保のひとつ「三井ダイレクト」を選びました。
三井ダイレクトは、大手損保グループ「MS&AD」インシュアランスグループに属する、ダイレクト型商品専門の保険会社です。

ダイレクトならではの抜群の安さと商品のわかりやすさも魅力です。
そして国内ダイレクト損保としては最も歴史の長い会社として、事故対応力などの実績も多く蓄積しています。
その名が示す通り、元は三井海上火災のダイレクト型保険会社です。
大手国内損保としては、損害保険の自由化が始まった当初より販売をスタートした会社です。

スタートが古い事もあってか、商品構成がとてもシンプルで、ダイレクト型自動車保険の草分け、アメリカンホームと同様に分かりやすくて安いことが特徴になっています。

保険料試算の内容は2015年2月現在の内容です。
保険加入を見直す際は、最新の見積を取り寄せて比較検討しましょう。

三菱 ミラージュに加入する保険で重視するポイントは?

三菱 ミラージュ

自動車保険は、相手への賠償を主にした対人対物賠償保険と、自身や搭乗者をケアするための人身傷害保険、そして、財物である自動車を総合的に守る車両保険によって構成されます。

それぞれの保険が守っているものは、被保険者の経済的負担を保護することです。
そこで、どれひとつとっても省くものはないと言ってもよいでしょう。
賠償保険には入るが車両保険には入らないという人も今一度、再検討してみてください。

仮に、新車を現金で購入し、万一の事故でも修理費などの負担にも支障がなく、全損でも自費での買い替えを速やかに行えるようなら、車両保険を付帯しなくても支障ないと思われます。
しかし、万一の際は修理代をローンにしてもらう、と言うアイディアなら、やりくりをして車両保険にも入っておきましょう。
どうしても高いというようなら、分割払もあるので検討してみてください。

三菱 ミラージュの運転者年齢別の保険料について

年齢別の保険料は、被保険者の範囲を家族に拡大し、それぞれ設定年齢にして試算しました。

年齢問わず補償する保険料(年払い):109,300円
21歳以上を補償する保険料(年払い):64,140円
26歳以上を補償する保険料(年払い):47,820円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

見積は、基本設定と同様に「三井ダイレクト」にて算出しています。

今回試算した保険料は、あくまでも一例です。
また、ノンフリート等級が14等級まで進んでいる被保険者の家族限定としての保険料ですから、純新規で加入する場合の保険料とは異なります。

純新規で加入する場合、先の表示保険料は参考になりません。
年齢を問わず補償する内容の場合、表示の保険料の倍以上になるので、保険会社のホームページや一括見積サイトなどを利用して正規の見積を取り寄せましょう。

保険の見直しの際にも、一括見積サイトを利用すれば、損保各社の商品比較が簡単にできるようになります。

被保険者と補償条件の基本設定

・被保険者の設定とリスク細分
主な記名被保険者の年齢:30歳

運転者年齢条件:30歳以上補償
運転免許証カラー:なし
使用目的(3区分):日常・レジャー
契約距離(区分なし): 無制限
運転者限定:運転者本人限定
利用地域:なし
ノンフリート等級:14等級(50%割引)

・基本補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 135万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

・任意選択の特約設定
弁護士費用補償特約:300万円
対物超過修理費用特約:50万円

・各種割引
インターネット
証券不発行
運転者限定割引


  関連記事