1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

三菱 パジェロの年齢別保険料


40504

三菱 パジェロの保険料例

車名(通称名):パジェロ ロング エクシード
型式:V98W
初度登録:平成26年10月
車両保険価額:440万円

今回試算したパジェロの保険加入者は、35歳の被保険者本人のみの契約です。
ノンフリート割引が20等級の年間保険料は、54,880円となりました。

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

三菱 パジェロは、初代モデルから数えて4代目の現行モデルにおいても、スポーティなショートボディとクロカンワゴンのロングボディを用意しています。
中でもロングエクシードは、現在も人気のモデルとしてパジェロの中核となっています。

現行のパジェロもデビューから数えて9年目を迎えていますが、クロカンSUVならではの強固なラダーフレームにより、高いレベルの剛性を保っており、現在にあってもその高いシャシー性能は衰えを感じることは有りません。

2013年、オーストラリアのANCAPに置いての衝突安全試験において、優秀といえる5スター(★★★★★)を獲得しており、車両のレベルの高さを実証しました。

損保会社を選ぶ理由

保険会社:アメリカンホーム保険

保険会社は、ダイレクト型自動車保険の元祖となる「アメリカンホーム保険」を選びました。
アメリカンホーム保険の自動車保険は、徹底したリスク細分をおこない合理的な保険料を算出しています。

また、事故対応力も高く、ロードサービス拠点は9600箇所から駆けつけるので、とてもスピーディな対応が期待できます。

走行距離が少ない、日常・レジャーでの使用目的の人は、より安い保険料になるので、ぜひ検討のひとつに加えてみてください。

保険料試算は2015年2月現在の内容です。
保険を入れ替えるときは、必ず最新の見積りにて検討してください。

三菱 パジェロに加入する保険で重視するポイントは?

pazyero

本格的なクロカンSUVのパジェロは、歩行者や一般乗用車などと衝突した際は、かなり強力なダメージを相手に与えてしまいます。
衝突安全性能が上がり、現在は、相手へのダメージも考慮さてれてきていますが、パジェロのようなタイプの大きなボディは、事故の際に大きな損害を出してしまうことも否めません。
対人賠償保険と対物賠償保険だけは、値踏みせずに無制限にして万一に対し備えておきましょう。

気になる車両保険ですが、新車登録後から3年間程度は自損事故や当て逃げなどのリスクに備えて、一般車両保険を検討してみてください。
等級にもよるので、保険料が高い場合、免責金額を上げることで保険料を抑えることが可能です。
事故負担額はわずかに増えても、大きな損害が出た場合、最悪の事態は避ける事ができます。
また、パジェロの場合は、未だに盗難事故も可能性があるので、最低でもエコノミーでも付けておきましょう。

なお、セゾン自動車火災保険の「おとなの自動車保険」のように、盗難リスクが任意加入の車両保険もあるので注意しましょう。

パジェロの運転者年齢別の保険料について

年齢別の保険料は、記名被保険者のみに運転者限定をつけて、該当年齢にて試算しました。

25歳以上を補償する保険料(年払い):70,510円
45歳以上を補償する保険料(年払い):55,950円
55歳以上を補償する保険料(年払い):61,010円
65歳以上を補償する保険料(年払い):70,680円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

見積は、基本設定と同様に「アメリカンホーム保険」にて算出しています。
アメリカンホーム保険では、25歳から10歳ごとに保険料試算したところ、25歳と65歳がほぼ同じような保険料になりました。
各年齢で最も安い年齢層は、30歳~50歳くらいまでです。
それ以降は徐々に保険料が上がり始めます。

しかし、他社の場合は、40から50代までの保険料を下げている損保もあるので、年齢による保険会社選びも一考です。
他社も含めて、比較して良い条件の保険をさがしましょう。

被保険者と補償条件の基本設定

・被保険者の設定とリスク細分
主な記名被保険者の年齢:35歳

運転者年齢条件:35歳以上補償
運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離(区分): ~5000km
運転者限定:運転者本人限定
利用地域:東京都
ノンフリート等級:20等級(63%割引)

・基本補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 440万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

・任意選択の特約設定
弁護士費用補償特約:300万円

・自動付帯する主な特約
他車運転危険補償特約
対物超過修理費用特約:50万円

・各種割引
インターネット
証券不発行
ゴールド免許


  関連記事