1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

スズキ ソリオバンディットの年齢別保険料


40505

スズキ ソリオバンディットの保険料例

車名(通称名):スズキ ソリオバンディット
型式:MA15S
初度登録:平成27年1月
車両保険価額:205万円

今回試算したスズキ ソリオバンディットの保険加入者は、被保険者が28歳の契約者本人のみを被保険者とする契約です。

車両保険も入れて年間保険料は、41,740円となりました。

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

クルマがスズキ ソリオバンディットを通勤には使わないとのことですが、週末に趣味のアウトドア・スポーツを楽しむため、毎月800kmくらい走行します。

そこで、数少ない「走行距離によるリスク細分がない」次のSBI損保をオススメします。

SBI損保を選ぶ理由

保険会社:SBI損保

保険会社は、国内ダイレクト損保でも抜群の低保険料と言われている「SBI損保」を選びました。
SBI損保は安い保険料ながら、しっかりした事故対応力も顧客から評価を集めています。
もちろん、補償についてもシンプルで必要十分な内容と高い評判です。

SBI損保では、年間走行距離区分がありません。
このことにより、走行距離が多い人は先ずSBI損保を検討するとよいでしょう。
また、年齢条件が3区分のみと言うのもSBI損保の特徴になっています。
最も高い基準点が26歳以上のため、30歳を待たずに安い保険料率が適用されるのも魅力です。
アクティブにソリオバンディットを使う人にイチオシの保険会社です。

保険料試算の内容は2015年2月現在の内容です。
保険加入を見直す際は、最新の見積を取り寄せて比較検討しましょう。

スズキ ソリオバンディットに加入する保険で重視するポイントは?

・補償内容
一般車両保険205万円ですが、今回の契約が14等級ということもあり5万円程度の小損害では、車両保険を使わないように以下の免責を設定しました。
自己負担となる車両保険の免責は、1回目5万円、2回目以降10万円です。

この設定により、1割弱の保険料を抑えることにも成功しています。

クルマでより多く走る人は、残念なことですがもらい事故に遭遇するリスクが上昇します。
万一発生したもらい事故により相手がしっかり対応してくれないなどのトラブルはつきものです。そこで、そのような状況で弁護士との相談や具体的な請求手続きなどができる「弁護士費用補償特約」も付帯してあります。

・保険会社
保険会社は、走行距離のリスクを問わないSBI損保にて試算しています。
日常・レジャーの使用目的でも年間10000km前後走ることが予想されるなら、SBI損保がベストな選択になるでしょう。

スズキ ソリオバンディットの運転者年齢別の保険料について

年齢別の保険料は、記名被保険者を該当年齢にて家族限定の内容で試算してみました。

年齢問わず補償する保険料(年払い):115,210円
21歳以上を補償する保険料(年払い):65,620円
26歳以上を補償する保険料(年払い):44,790円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

見積は、基本設定と同様に「SBI損保」にて算出しています。

ご覧の保険料は、参考としての一例ですので、他社の保険もよく検討してみましょう。
それは、保険会社によって同じ補償内容でも保険料などに違いが生じるので、条件による違いを単純判定することが難しいのです。
保険の見直しについては保険契約者のリスクを判断し、保険プランニングをしっかり行ってくれる、総合代理店や見積もりサイトを利用すると便利で安心です。

被保険者と補償条件の基本設定

・被保険者の設定とリスク細分
主な記名被保険者の年齢:28歳

運転者年齢条件:26歳以上補償
運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離:なし(無制限)
運転者限定:運転者本人限定
利用地域:東京都
ノンフリート等級:14等級(50%割引)

・基本補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 205万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

・任意選択の特約設定
弁護士費用補償特約:300万円
車両全損時臨時費用特約
代車レンタカー費用特約:日額5000円
自宅車庫等修理費用特約

・自動付帯する特約
他車運転危険補償特約
対物超過修理費用特約:50万円
自損事故傷害特約
無保険者事故傷害特約

・各種割引
インターネット
証券不発行
新車


  関連記事