1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

スズキ スイフトの年齢別保険料


40506

スズキ スイフトの保険料例

車名(通称名):スズキ スイフト
型式:ZC72S
初度登録:平成26年9月
車両保険価額:165万円

今回試算したスズキ スイフトの保険加入者は、被保険者が30歳の契約者本人です。
気になる保険料は、年間で37,230円となりました。

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

一般車両保険を付けましたが、20等級(63%割引)での試算なので、かなり安くなりました。

スズキスイフトは、軽自動車のスズキから脱却するために、はじめにチャレンジしたコンパクトサイズのクルマ「カルタス」から続く、スズキの代表的なクルマです。

スイフトといえば、初代からその個性的なデザインもあり、日本国内以上にヨーロッパを始めとする海外の市場で人気を集めています。

スイフトを生産するスズキは、特にアジア圏では大変人気が高く、海外では軽自動車のメーカーではなく、秀逸なコンパクトカーを生み出すメーカーとして信頼を集めています。

安全性も高く走りが自慢のスイフトは、保険料も安く燃費性能にも優れたクルマです。

今回の保険会社を選ぶ理由

保険会社:三井ダイレクト

保険会社は、国内ダイレクト損保のひとつ「三井ダイレクト」を選びました。

三井ダイレクトは、商品構成とリスク細分がとてもシンプルで、ダイレクト型自動車保険に置いては珍しく、走行距離区分が有りません。
つまり、いくら走っても保険料に変化はないので、日常・レジャー使用の人でも年間走行距離を10000kmも乗ってしまうような人や、通勤でそれ以上の距離を乗る人にもオススメです。

また、免許証のカラーによる区別や割引を設けていませんが、その分も含めて、基本的な保険料が安い設定です。
2015年オリコンCSランキングにおいて、保険料の安さで、顧客の満足度第2位を獲得するほどですから、安い保険料には定評があります。

なお、安いからといって事故対応力が低いわけでは有りません。
基本的な事故対応力や品質は、三井住友海上火災保険に相当する内容を持っていることもオススメするポイントのひとつです。

保険料試算の内容は2016年2月現在の内容です。
保険加入を見直す際は、最新の見積を取り寄せて比較検討しましょう。

スズキ スイフトに加入する保険で重視するポイントは?

スズキスイフトに限らず、賠償保険に関しては無制限を基本として、人身事故や物損事故に対して備えておきましょう。

また、搭乗者の保険ですが、基本的な考えとしては医療費やその他の逸失利益をカバーできるように考えておきます。

ちなみに、逸失利益とは事故により治療をしている間、仕事などができず給与が減額されたりした場合、失った利益をいいます。

そして、車両保険ですが、コンパクトカーだからこそ車両保険ということも言えます。
例えば、クルマ同士の事故の場合、ダメージが大きいのは軽くて小さい車です。
残念ながら、事故の相手を選ぶことはできません。

仮に大きなダメージを受けても、事故は過失の割合に応じて賠償額などが決まるので、自分の過失が大きければ、自身で修理費を払う割合が増えることになります。

そんな時にも車両保険が役に立つので、しっかりかけておきましょう。

スズキ スイフトの運転者年齢別の保険料について

年齢別の保険料は運転者限定を外し、それぞれ設定年齢にして試算しました。

年齢問わず補償する保険料(年払い):105,610円
21歳以上を補償する保険料(年払い):61,850円
26歳以上を補償する保険料(年払い):43,040円
30歳以上を補償する保険料(年払い):42,210円
35歳以上を補償する保険料(年払い):41,470円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

見積は、基本設定と同様に「三井ダイレクト」にて算出しています。

今回試算した保険料は、一例です。
内容はノンフリート等級が20等級まで進んでいる被保険者の保険料ですから、純新規で加入する場合の保険料とは明らかに違ってきます。

純新規で加入する場合、表示保険料は参考になりません。
保険料試算は、保険会社のホームページにて、被保険者の加入条件から補償内容などを入力すれば見積が可能です。
それぞれの年齢で適切な保険料にて検討を進めてください。

しかし、比較となると損保各社のサイトで個別に入力を進める必要が出てくるので、さすがに面倒です。
保険の見直しの際には、一括見積サイトを利用すると損保各社の商品比較が驚くほど簡単にできますので、ぜひ試してみてください。

被保険者と補償条件の基本設定

・被保険者の設定とリスク細分
主な記名被保険者の年齢:35歳

運転者年齢条件:35歳以上補償
運転免許証カラー:なし
使用目的(3区分):日常・レジャー
契約距離(区分なし): 無制限
運転者限定:運転者本人限定
利用地域:なし
ノンフリート等級:20等級(63%割引)

・基本補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 135万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

・任意選択の特約設定
弁護士費用補償特約:300万円
対物超過修理費用特約:50万円

・各種割引
インターネット
証券不発行
運転者限定割引


  関連記事