1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

レクサス HSの年齢別保険料


40901

レクサス HS250hの保険料例

車名(通称名):レクサス HS250hバージョンL
型式:DAA-ANF10
初度登録:平成26年12月
車両保険価額:590万円

今回試算したレクサス HS250hバージョンLは、優れたHSシリーズの中でもっとも安全装備が充実したクルマです。

保険加入者の設定は、被保険者が35歳の男性本人で見積りました。
年間保険料は78,910円となり、一般車両保険に「新車買替特約」を付帯しています。

対人対物賠償保険を無制限、人身傷害保険を3000万円にて設定を行い、「エコノミー車両保険」、または、「車両保険なし」にしたときの保険料は以下のとおりです。

エコノミー車両保険の場合:48,040円
車両保険なしの場合:20,140円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

「エコノミー車両保険」では単独事故と当て逃げを補償しませんが、30,870円ほど安くなります。
ちなみに、車両保険なしでは4分の1程度の保険料になります。

レクサス HS250hの安全性能

レクサス HS250h

レクサスHS250hバージョンL では、上質な調度品やデザインもさることながら、安全性能と走行性能など高級車に求められる、ホンモノの高性能を実現しています。

装備されているエアバッグは10点にも及び、前席では衝突のレベルに合わせた2ステージのデュアルエアバッグに加え、脚部保護のニーエアバッグが衝撃を緩和します。
また、前席と後席のサイドエアバッグとカーテンシールドエアバッグが横方向からの衝突時に、頭部保護を効果的にサポートしています。

話題のプリクラッシュセーフティシステムには、ドライバーをモニターする機能が追加され、ドライバーの眠気や脇見などをクルマがモニタリングして危険を知らせてくれます。
もちろん、万一の際は、ミリ波レーダーによるプリクラッシュセーフティシステムにより、衝突損害を最小限に留めるように緊急ブレーキによる制御が作動します。

特筆すべきは、後方からの追突に備えたプリクラッシュセーフティシステムにより、ハザードランプの点滅による注意喚起とヘッドレストを適正位置に動かして、むち打ち被害の軽減を図ります。

レクサス HS250hに加入する保険で重視するポイントは?

レクサス HS250hインテリア

レクサスHS250hは予防安全、衝突安全どちらにおいても国内トップクラスのクルマです。
HS250hは、その車両価格も高額なこともあり、保険加入にあたって若干高めの保険となりますが、もらい事故などを想定すると一般車両保険を欠かすことはできません。

今回は、新車ということも考慮して新車買替特約をつけています。
なお、もらい事故などの際に交渉トラブルをカバーできるよう、「弁護士費用特約」をセットすることは必須です。

今回の保険会社を選ぶ理由

保険会社:ソニー損保

保険会社は、保険の入りやすさ、商品のわかりやすさが評判の「ソニー損保」を選びました。

今回のHS250hは、ハイブリッド車ということもあり、走行距離は年間7000km程度乗ることを想定しています。
しかし、ソニー損保では申告より実走行距離が少ない場合、1000km単位で翌年の保険料にて「くりこし割引」をするなど、契約者の配慮があることも見逃せないポイントです。
逆に申告距離を超えても、保険期間途中に通知義務や保険料の追徴は有りませんので、その点でも安心ですね。

今回のソニー損保を選んだ理由は、大きな事故の際に一定条件を超えると新車に買い替えができる、「新車買替特約」があること、そして走行距離への対応がフレキシブルな点です。

保険の見直しの際は、最新の見積を取り寄せて比較検討してください。

レクサス HS250hの運転者年齢別の保険料について

年齢別の保険料については被保険者条件を変えず、それぞれの設定年齢を「家族限定」で見積りしています。

年齢を問わず補償する保険料(年払い):219,760円
21歳以上を補償する保険料 (年払い):124,570円
26歳以上を補償する保険料 (年払い): 86,950円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

今回試算したソニー損保の保険料は一例です。
また、ノンフリート等級が20等級まで進んでいる被保険者の契約による保険料なので、同居の家族でもっとも若い人が運転することに備えた年齢条件の内容です。

それぞれの年齢で純新規加入するときは、各社保険料に差があるので一括見積サイトを利用して、損保各社の正確な見積りを取り寄せて検討してください。

被保険者と補償条件の基本設定

・被保険者の設定とリスク細分
主な記名被保険者の年齢:35歳

運転者年齢条件:30歳以上補償
運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離:~7000km以下
運転者限定:運転者本人のみ限定
利用地域:東京
ノンフリート等級:20等級(63%割引)

・基本補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
搭乗者傷害:なし
車両保険 590万円(一般条件/免責1回目5(0)万円、2回目以降10万円)

・任意選択の特約設定
弁護士費用補償特約:300万円
新車買替特約:590万円
車対車免責ゼロ特約

・自動付帯する独自の補償など
対物超過修理費用(対物賠償でカバー):50万円

・各種割引
インターネット
証券ペーパーレス
ゴールド免許
新車
本人限定


  関連記事