1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

メルセデスベンツ C180の年齢別保険料


40908

メルセデスベンツ C180の保険料例

車名(通称名):メルセデスベンツ C180
型式:DBA-205040C
初度登録:平成27年1月
車両保険価額:485万円

今回試算を行ったメルセデスベンツC180は、アグレッシブなボディデザインと共に高品質なインテリアが好評のメルセデスベンツのベーシックセダンです。

C180の保険加入者は、40歳の男性本人で、運転者は本人のみで限定しています。
年間保険料ですが、今回はイーデザイン損保で試算を行い、51,130円となりました。

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

また、対人対物賠償保険と人身・搭乗者傷害保険を同条件にした、「エコノミー車両保険」、または、「車両保険なし」にしたときの保険料は以下のとおりです。

エコノミー車両保険の場合:32,920円
車両保険なしの場合:19,280円

単独事故と当て逃げを補償しない「エコノミー車両保険」は、18,210円安くなります。
また、車両保険なしの場合は、保険料が半額以下になりました。

メルセデスベンツC180の安全性能

メルセデスベンツC180は、車両の衝突安全などに厳しいドイツ製のクルマで、もっとも高い安全性能を持ったミディアムクラスセダンの1台です。

その一つの証明として、Euro NCAPにおける、2014年の試験結果は当然のファイブスターを獲得しており、乗員への安全性はもちろん、歩行者への衝突安全や予防安全性能においても、高評価を獲得しています。

例えば歩行者との実際の衝突時においては、ボンネットの後端全体を10cmほどポップアップさせて、歩行者の頭部がバルクヘッド丈夫やとフロントガラスに直撃することを防ぐよう、効果的に動作します。

Euro NCAPの試験において、C180は、すべてのテストで平均的に高得点をマークしている安全なクルマの一台です。

車両価格が高額なことや実際の事故において車両修理費用がかかることから、車両保険料率が若干高く保険料に影響しています。

しかし、賠償クラスなどの基本料率は、トヨタプリウスと同クラスの料率となっているので、車格の割には、保険料が安いと言ってもよいでしょう。
「車両7 対人4 対物4 傷害4」

メルセデスベンツ C180に加入する保険で重視するポイントは?

C180は、クルマの総合安全性能が高い非の打ち所がないクルマと言えます。

こうしたクルマにおいては、自分で起こす事故よりも、相手からもらい事故を受けた時に、自分を守るために保険が機能することが重要と考えましょう。

具体的には、弁護士費用特約を利用して弁護士による法的な対応による解決などを示唆してもらうことが出来ます。

また、損害の内容によって車両の買い替えが可能になる「車両新価特約」を付帯しています。

「外車は車両保険が高い!」と言う話は、とうの昔のことで、今では合理的に保険料が決められており、日本車と比べて特別に高いなどということは有りません。

従ってC180理想の自動車保険は、冒頭の見積もりのように「一般車両保険」に「車両新価特約」を付けた補償が最も適切です。

今回の保険会社を選ぶ理由

保険会社:イーデザイン損保

今回のイーデザイン損保を選んだ理由は、修理見積もりが保険金額の半損以上で買い替えが可能になる、「車両新価特約」があることと、事故対応力No.1の「東京海上グループ」の事故対応力を期待してのことです。

新車購入をしたら「車両新価特約」はぜひ付けておきたい補償です。

新車の納車に合わせて、今の契約を中途更改して等級を引き継ぎ加入することもできるので、新車に代替の際は、早めに検討をして手続きを進めましょう。

保険加入時には、最新の見積を取り寄せて比較検討してください。

メルセデスベンツ C180の運転者年齢別の保険料について

年齢別の保険料については被保険者条件を変えず、それぞれの設定年齢を「家族限定」で見積りしました。

年齢問わず補償する保険料 (年払い):114,990円
21歳以上を補償する保険料 (年払い): 53,630円
26歳以上を補償する保険料 (年払い): 43,900円

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

今回試算したイーデザイン損保の保険料は一例なので、一括見積サイトなどを利用して正確な内容にて検討しましょう。

被保険者と補償条件の基本設定

・被保険者の設定とリスク細分
主な記名被保険者の年齢:44歳

運転者年齢条件:35歳以上補償
運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離:3,000km超5,000km以下
運転者限定:運転者本人のみ限定
利用地域:東京
ノンフリート等級:20等級(63%割引)

・基本補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 485万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

・任意選択の特約設定
弁護士費用等補償特約:300万円
対物超過修理費用補償特約:50万円
車両新価保険特約
車両全損時諸費用特約

・各種割引
インターネット割引
早割
証券e割(証券不発行)
新車割引


  関連記事