1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

BMW 320iの年齢別保険料


41408

BMW 320iの保険料例

車名(通称名):BMW 320i
型式:DBA-3X20
初度登録:平成26年12月
車両保険価額:585万円

今回試算したBMW 320iの保険加入者は、被保険者が40歳の男性本人です。

気になる保険料は、年間で76,060円となりました。

一般車両保険を付けた20等級(63%割引)での試算ですが、他のダイレクト型損保ではあまり見かけない「新車買替特約」を付けたため、少し高めの見積りになりました。

ちなみに対人対物賠償保険を無制限、人身傷害保険を3000万円として「エコノミー車両保険」、または、「車両保険なし」にしたときの保険料は以下のとおりです。

エコノミー車両保険の場合:45,030円
車両保険なしの場合:16,980円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

単独事故と当て逃げを補償しない「エコノミー車両保険」は、31,030円安くなります。
また、車両保険を外すと保険料は4分の1以下となります。

BMW 320iの安全性能

BMW 320i

BMW 320iは、世界中のミディアムサイズセダンのベンチマークとなる、BMWの代表的なクルマです。

アグレッシブな力のあるデザインと、各種のドライビングサポートシステムが目を引きます。

また、BMWでは10年以上の実績がある、熟成を極めたコーナリング・ブレーキ・コントロール(CBC)やダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)などの横滑り抑止装置による、アクティブな予防安全システムが標準装備されています。

もちろんエアバッグシステムも全席フル装備となり、衝突安全ボディになっています。

またBMW では、エアバッグが作動する事故発生時に、搭載済みの通信端末から自動的にBMW SOSコールセンターへエマージェンシーが発信されます。

事故対応に一刻を争うような状況で専門的な機関によるSOSサービスは、自動車保険と共に心強いサービスのひとつです。

もちろん、車内のSOS発信用のボタンを任意で押すことでも、連絡が可能になっています。

BMW 320iに加入する保険で重視するポイントは?

BMW 320i 内装

320iは予防安全性能がとても高いクルマということもあり、本質的には事故の発生が少ないクルマです。

しかし大事故が起きてしまった場合、320iの修理作業は各種安全装備品の再装備と設定なども含めると、一般の自動車工場では調整困難な作業もあります。

従って、一般のメンテナンス以上に事故の修理の際は、BMWショップにて確実な修理が必要になってきます。

BMWは、販売されているクルマと同様に、修理サービスも超一流です。当然に事故の修理でも費用がかかるのは残念ながらしかたがないことでしょう。

そこで、車両損害を確実に補償できる、一般車両保険のオールリスクカバーに新車買替特約をセットして加入することがオススメします。

費用が安い「エコノミー車両保険」の選択肢もありますが、当て逃げや単独事故は補償されないので選択には注意が必要です。

今回の保険会社を選ぶ理由

保険会社:ソニー損保

保険会社は、2015オリコンCSランキングで顧客満足度の総合No.1となった「ソニー損保」を選びました。

ソニー損保では、ダイレクト損保として徹底したムダを省いた上で、商品のわかりやすさや契約のしやすさなどに磨きをかけています。

今回のソニー損保を選んだ理由は、新車買替特約、事故対応力と保険金支払いの高い評判が主な理由です。

保険料試算は2015年2月現在の内容なので、保険の見直しでは最新の見積を取り寄せて比較検討しましょう。

BMW 320iの運転者年齢別の保険料について

年齢別の保険料については被保険者条件を変えず、それぞれの設定年齢を「家族限定」で見積りしています。

年齢を問わず補償する保険料(年払い):201,400円
21歳以上を補償する保険料 (年払い):114,360円
26歳以上を補償する保険料 (年払い):83,730円

今回試算したソニー損保の保険料は一例です。

また、ノンフリート等級が20等級まで進んでいる被保険者の契約による保険料なので、同居の家族や免許をとった子供が運転することに備えた内容になります。

それぞれの年齢で純新規加入するときは、保険料に大きな違いが出るのでご注意ください。

損保各社から一括見積サイトなどを利用して、正確な見積りを取り寄せて検討してみましょう。

被保険者と補償条件の基本設定

・被保険者の設定とリスク細分
主な記名被保険者の年齢:40歳

運転者年齢条件:30歳以上補償
運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離:~5000km以下
運転者限定:運転者本人のみ限定
利用地域:東京
ノンフリート等級:20等級(63%割引)

・基本補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
搭乗者傷害:なし
車両保険 585万円(一般条件/免責1回目5(0)万円、2回目以降10万円)

・任意選択の特約設定
弁護士費用補償特約:300万円
新車買替特約:585万円
車対車免責ゼロ特約

・自動付帯する独自の補償など
対物超過修理費用(対物賠償でカバー):50万円

・各種割引
インターネット
証券ペーパーレス
ゴールド免許
新車
本人限定


  関連記事