1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

MINI クーパー クロスオーバーの年齢別保険料


41406

MINI クーパー クロスオーバーの保険料例

車名(通称名):MINI クーパー クロスオーバー
型式:CBA-ZA16
初度登録:平成27年1月
車両保険価額:330万円

今回試算したMINI クーパー クロスオーバーは、プレミアムコンパクトのSUVです。

クーパー クロスオーバーの保険加入者は、40歳の男性本人で、運転者は本人のみで限定しています。
年間保険料ですがそんぽ24では、53,230円となりました。

また、対人対物賠償保険と人身・搭乗者傷害保険を同条件にして、「エコノミー車両保険」、または、「車両保険なし」にしたときの保険料は以下のとおりです。

エコノミー車両保険の場合:35,810円
車両保険なしの場合:21,550円
単独事故と当て逃げを補償しない「エコノミー車両保険」は、22,100円安くなります。
また、車両保険なしの場合は、保険料が半額以下になりました。

MINIクーパー クロスオーバーの安全性能

MINIクーパー クロスオーバーは、メーカーであるBMWの制御システムをフル活用して、ゴーカートのようと言われるドライブフィールを実現しています。

予防安全にも貢献する、走行安定装置は次のとおりです。

・ASC+T:オートマチック・スタビリティ・コントロール+トラクション
・EBD:エレクトロニック・ブレーキフォース・ディストリビューション、
・ABS:アンチロック・ブレーキング・システム
・CBC:コーナリング・ブレーキ・コントロール
・DSC:ダイナミック・スタビリティ・コントロール
・DTC:ダイナミック・トラクション・コントロール

製造元のBMWでは、90年代の3シリーズE46あたりから、標準化されていました。
その先進性には眼を見張るものがありますね。
現在使われているシステムは、センサーから制御に至るまで最新のシステムとなっているので、より正確なコントロールにより安全が保たれています。

MINIと言う名前と、BMWが生産する以前のイメージから小さなクルマという印象がありますが、既に3ナンバーサイズの幅を持ち、全長も4Mを超えています。
高速道路も含めて、あらゆる道路で安定した走りを安全に楽しむことが出来るクルマになっています。

MINI クーパー クロスオーバーに加入する保険で重視するポイントは?

MINIで保険をかける際にも、対人と対物賠償は、満額の無制限で掛けるようにしてください。
特に対人賠償事故の発生は稀なケースになると思いますが、現実に事故は起きていますし、現在のように優れた安全性を持ったクルマが増えていても事故はゼロにはなりません。

幸い、少しずつ死亡事故は減っていて、最悪のケースは避けられるようになってきましたが、賠償金の支払いは、年を追うごとに増えています。
最近は、死亡するケースより後遺障害が残り、障害を持って生きて行かなければならない被害者が増えているのも現実です。

救命医療が進み、ドクターヘリなど災害地で直接医療などができるようになってきたため、助かる人が増えているからです。
しかし、その反面、後遺障害を持って生きていく人への賠償金額は、とうぜんに高額となってきます。

対人・対物ともに賠償保険額は無制限にしておくことをオススメします。
なお、今回の見積りでは一般車両保険を付けて、万一の車両損害への備えも万全としています。

今回の保険会社を選ぶ理由

保険会社:そんぽ24

今回のそんぽ24を選んだ理由は、ダイレクトならではの保険料の安さと保険商品のわかりやすく、自動車保険専門のダイレクト損保だからです。
しかも、事故対応力については、「損保ジャパン日本興亜グループ」のダイレクト損保と言う折り紙つきですから安心です。

保険料試算は2015年2月現在の内容です。
保険加入を見直す際は、最新の見積を取り寄せて比較検討しましょう。

MINI クーパー クロスオーバーの運転者年齢別の保険料について

年齢別の保険料については被保険者条件を変えず、それぞれの設定年齢を「家族限定」で見積りしました。

年齢を問わず補償する保険料(年払い):145,240円
21歳以上を補償する保険料 (年払い): 82,770円
26歳以上を補償する保険料 (年払い): 57,190円
今回試算したそんぽ24の保険料は一例です。
損保各社の見積は、一括見積サイトなどを利用して正確な内容にて検討しましょう。

被保険者と補償条件の基本設定

・被保険者の設定とリスク細分
主な記名被保険者の年齢:40歳

運転者年齢条件:35歳以上補償
運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:業務使用なし
契約距離:4000km~7999km以下
運転者限定:運転者本人のみ限定
利用地域:東京
ノンフリート等級:20等級(63%割引)

・基本補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 710万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

・任意選択の特約設定
弁護士費用等補償特約:300万円
対物超過修理費用補償特約:50万円
車内身の回り品特約:10万円

・各種割引
インターネット
長期優良
新車


  関連記事