1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

ボルボ V40 T4の年齢別保険料


41901

ボルボ V40 T4の保険料例

車名(通称名):ボルボ V40 T4
型式:DBA-MB4164T
初度登録:平成27年1月
車両保険価額:360万円

今回試算したV40 T4は、ボルボのプレミアムコンパクトモデルです。

保険加入者の設定は、被保険者が42歳の男性ドライバー本人限定で見積りました。
年間保険料は56,560円となり、一般車両保険で試算しました。

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

対人対物賠償保険を無制限、人身傷害保険を3000万円にて設定を行い、「エコノミー車両保険」、または、「車両保険なし」にしたときの保険料は次のとおりです。

エコノミー車両保険の場合:33,750円
車両保険なしの場合:15,580円

単独事故や当て逃げなどの補償がない「エコノミー車両保険」では、22,810円ほど安くなります。
ちなみに、車両保険なしでは3分の1以下の保険料になります。

ボルボ V40 T4の安全性能

スポーツコンパクトと呼ばれていますが、幅が1800mmあるので小さなクルマには見えず、実際乗っても窮屈なこともありません。
また、V40のT4は、もっともリーズナブルな仕様ですが、走行性能・安全装備も充実した秀逸なモデルです。

特にボルボ車は、その時代において最高水準の安全性能がおごられることで知られています。
V40では、予防安全をプリベンティブ・セーフティとドライバーアシストにて対応し、衝突安全をプロテクト・セーフティとして、しっかり守られます。
そのどちらもボルボV40はクラストップの安全性能を誇っています。

特にボルボ車では、自動ブレーキシステムを発展させ判別対象を車両のみならず、人や自転車などにも反応し、フルオートでブレーキによる衝突回避が行われます。
横滑りを抑止する、エレクトロニック・スタビリティ・コントロール(ESC)などによるドライバーサポートも優れた走行安全性能を実現します。

衝突試験は、Euro NCAPにおいて、総合ファイブスターの評価を獲得しておりますが、搭乗者保護性能試験で98%の高得点を獲得、また、自動車の予防安全に関わるポイントでは、100%と他車より抜きに出た安全性能が証明されました。

V40では他社に先駆けて装備された、歩行者用エアバッグと衝撃吸収効果の高いアルミニウム製ボンネットが装備されていて、車体への直撃から頭部を保護されるようになっています。
こうした装備からも安全性の高いクルマであることがよく分かりますね。

ボルボ V40 T4に加入する保険で重視するポイントは?

ボルボV40 T4の保険料は、同クラスの他車と比べて車両金額が少し安くなっています。

そこで、基本的な対人・対物賠償保険は「無制限」として、搭乗者の補償に人身傷害を3000万円でセットして、車両保険を検討しました。

かなめになる車両保険については、新車時の登録年月から25か月以内の契約で適用できる「新車買替特約」を一般車両保険にセットしています。
新車特約を付けていれば、万一の車両事故で骨格にまで損害が及ぶ修理費が、保険価額の50%を超えるようなら、新車の買い替えができるようになります。

修理して俗にいう事故車に乗り続けるより、クルマを買い替えできる方が安心です。

今回の保険会社を選ぶ理由

保険会社:ソニー損保

今回のソニー損保を選んだ理由は、「新車買替特約」があることに加え、保険金支払いのスムーズさにも定評がある「ソニー損保」を選んでいます

なお、2015年2月23日より発売された「運転行動連動型(PHYD:Pay How You Drive)」の「やさしい運転キャッシュバック型」の詳細については、一括見積サイト、または、ソニー損保に直接お問い合わせください。

ボルボ V40 T4の運転者年齢別の保険料について

年齢別の保険料については被保険者条件を変えず、それぞれの設定年齢を「家族限定」で見積りしています。

年齢を問わず補償する保険料(年払い):149,330円
21歳以上を補償する保険料 (年払い): 85,030円
26歳以上を補償する保険料 (年払い): 62,290円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

今回試算したソニー損保の保険料は一例です。

また、ノンフリート等級が20等級まで進んでいる被保険者の契約による保険料です。
このように同居の家族内で最も若い人が運転できるように、年齢条件を下げて契約することができます。

契約の際は、一括見積りサイトを利用して、保各社の正確な見積りを取り寄せ、比較検討してください。

被保険者と補償条件の基本設定

・被保険者の設定とリスク細分
主な記名被保険者の年齢:42歳

運転者年齢条件:30歳以上補償
運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離:~5000km以下
運転者限定:運転者本人のみ限定
利用地域:東京
ノンフリート等級:20等級(63%割引)

・基本補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
搭乗者傷害:なし
車両保険 345万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

・任意選択の特約設定
弁護士費用補償特約:300万円
新車買替特約:345万円

・自動付帯する独自の補償など
対物超過修理費用(対物賠償でカバー):50万円

・各種割引
インターネット
証券ペーパーレス
ゴールド免許
新車
本人限定


  関連記事