1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

フォード クーガの年齢別保険料


41908

フォード クーガの保険料例

車名(通称名):フォード クーガ Titanium
型式:ABA-WF0JTM
初度登録:平成27年1月
車両保険価額:430万円

今回の保険料見積は、フォードのミドルサイズクロスオーバーSUV クーガ Titaniumです。
エスケープよりも、スタイリッシュなマルチパーパスビークルになっています。

今回はTitaniumを参考に見積もりしています。
同一型式であれば保険料率は同じですから、クーガ トレンドに乗る人も参考にご覧ください

クーガの保険加入者は30歳の男性で、運転者を本人のみに限定しています。
年間保険料ですが今回は、SBI損保で試算を行い44,370円の見積りになりました。

一般車両保険をつけての保険料としては、とても安い保険料です。

なお、対人対物賠償保険と人身・搭乗者傷害保険を同条件にした、「エコノミー車両保険」、または、「車両保険なし」にしたときの保険料は以下のとおりです。

エコノミー車両保険の場合:26,850円
車両保険なしの場合:13,050円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

単独事故と当て逃げを補償しない「エコノミー車両保険」は、17,520円安くなります。
また、車両保険なしの場合は、保険料が約3分の1になりました。

フォードクーガの安全性能

フォードクーガ

クーガは、アメリカフォードのSUVです。
従って、車の安全性能も厳しいアメリカ仕様になっています。
事故を未然に防ぐ予防安全装置は、渋滞時や市街地で低速走行している時、わき見運転などで前方車両への追突を回避する、自動的にブレーキをかける「アクティブ シティ ストップ」の装備。

また、コーナリング時の操縦性、回頭性を高めるトルクベクタリングコントロールと、車両安定化システムRSC(ロール・スタビリティ・コントロール)を付けたアドバンストラックが採用されています。

クーガには、フロントデュアルエアバッグの他、ニーエアバッグ、サイドエアバッグからカーテンシールドエアバッグと、計7つのエアバッグが標準で装備されているので安心です。

フォード クーガに加入する保険で重視するポイントは?

フォードクーガ インテリア

フォードクーガで保険加入する際のポイントは、ユーザーの使い方に合わせて、選ぶようになりますが、基本的な賠償補償と搭乗者向けの保険、そして車両保険を合わせて検討しましょう。

車両保険ですが、クーガはSUVゆえに見た目よりもクルマに重さがあります。
その重さは、衝突時にクルマを歪めてしまうほど慣性重量が働くことがあり、車体全体に衝撃の影響が出ることもあります。

そのため、意外にも修理費用が高くなることがあるので、車両保険を加入することをオススメします。

今回の保険会社を選ぶ理由

保険会社:SBI損保

SBI損保を選ぶ理由は、走行距離が保険料に影響しないことが大きなメリットです。
つまりクーガでたくさん走っても保険料が上がることは有りませんので安心です。

ひとつは、そしてもう一つは、弁護士費用特約です。
これだけかけても保険料が安いのがSBI損保の大きなメリットです。・
必ず見積もりを取って検討に加えて見て下さい。

また、クーガの保険料率クラスは以下のとおりです。
車両クラスのみちょっと高いのですが、新車の価格を考慮すれば妥当な内容です。

車両料率クラス6
対人料率クラス4
対物料率クラス 4
傷害料率クラス4

フォード クーガの運転者年齢別の保険料について

年齢別の保険料については被保険者条件を変えず、それぞれの設定年齢を見積りしました。

年齢問わず補償する保険料(年払い): 121,660円
21歳以上を補償する保険料(年払い): 69,200円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

年齢問わずの保険料が高く見えますが、これでも20等級63%割引の保険料です。
純粋な新規で自動車保険に加入する際は、別途見積りを取りよせて検討してください。

被保険者と補償条件の基本設定

・被保険者の設定とリスク細分
主な記名被保険者の年齢:30歳

運転者年齢条件:26歳以上補償
運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離:なし
運転者限定:運転者本人のみ限定
利用地域:東京
ノンフリート等級:20等級(63%割引)

・基本補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 430万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

・任意選択の特約設定
弁護士費用等補償特約:300万円
対物超過修理費用補償特約:50万円

・各種割引
インターネット割引
ゴールド免許割引
証券不発行割引
運転者限定割引


  関連記事