1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

30歳以上の保険未加入者必見!自動車保険は安い


42610

30歳以上の未加入者へ自動車保険のススメ

自動車保険に加入していないクルマのドライバーは、30歳以上の人達に多いようです。

この実態は、私の自動車販売や保険代理店の業務経験から感じたことです。
私見が大半を占めますが、他の代理店経営者との話からも同様の意見を聞くことがあるので、あながちずれた話ではないはずです。

30歳以上の多くのドライバーが長いあいだ無事故で保険に助けられることのない人がほとんどだと思います。
確かに、10代20代から安全運転に気を付けている人にとって、保険料は払い続けるだけですから確かに損をしているように感じられるかもしれません。

しかし、家族を持ち社会的にも責任ある立場を迎えるであろう、30歳以上の年齢だからこそ安全運転の心がけとともに、自動車保険で万一に備えておくことが大切です。

30歳以上の人が保険に入っていない理由

未加入の人の中には、連続して事故を起こしてしまい保険加入ができなくなってしまったと言う人もいるかもしれません。

しかし、未加入の多くは、「保険料がもったいないから」、「うっかり切らしてしまい最初から加入し直すと高いから」という話を聞きます。

それでしたら今一度、自動車保険の見積もりをとり直してみてください。
大きな損害だけをカバーするのでしたら、対物賠償保険などは免責金額を設定することで保険料は安くなります。
対人賠償保険は、元々自賠責保険の上乗せ保険ですから自賠責保険の補償を超える部分を補償するものですから、それほど高額な保険料負担にはなりません。

また、保険が切れてしまって再加入が高いと思っている30代の人は、大変な誤解をしています。

実際にノンフリート等級を初めからやり直す場合でも、30歳以上の人でしたら若い人ほど保険料が高くなりません。
6等級でも9%の割引からスタートとなり、同居の家族が11等級以上の保険加入をしていればセカンドカー割引を使って、7等級40%割引から加入ができます。

なお、30歳以上の人は元々保険料率が安くなっているので、運転者限定などを付けて、加入方法を工夫すれば保険料をかなり安くすることができます。

自動車保険を切らしてしまい、そのままという人はこの機会にぜひ再加入を検討してみてください。

30歳以上の新規加入保険料の見積もり

30歳以上のドライバーのほとんどが事故を起こすことが少ないので、保険の基本料率がとても安くなっています。

特にダイレクト型損保の各社の保険料はかなり安くなっており、賠償保険や搭乗者の補償に関する基本部分は、おどろくほど安い保険料を提案する損保もあります。

今回は、万一に備えることを最低限の目的として、基本補償のみで各社の見積もりをしています。
また、他社と大きく異なる補償条件は、各保険料のうしろに特記事項として記載しました。

イーデザイン損保: 31,890円 (自動付帯:弁護士費用特約)
セゾンおとなの自動車保険: 32,300円
三井ダイレクト: 32,900円

ソニー損保: 37,190円 (対物賠償超過補償あり)
セコム損保: 23,440円 (対物免責20万円に設定可能)
SBI損保: 27,820円 (走行距離リスク細分なし)
アメリカンホーム: 40,270円
アクサダイレクト: 26,720円

(被保険者の基本設定は後に記載)

さて、この純新規の保険料の印象は、いかがでしょうか?
おそらく思っていたよりは安いのではないかと思います。
30歳以上の場合、初年度でもノンフリート等級が6等級で9%割引です。
1年間無事故なら翌年は、7等級の30%引き、3年目には8等級40%引きになります。

チョイスは、元々保険に入っていなかったことを考えれば対物免責20万円の設定可能なセコム損保を選んでもよいでしょう。

当サイトのオススメは、免責設定なしでも3万円を切る保険料になった、SBI損保アクサダイレクトが良い選択だと思います。

毎月の保険予算は、わずか2,500円を切っています。

それでもこの保険料が高いというのであれば、万一の事故で被害者に迷惑が及びますので、生意気な意見となりますがクルマを利用しないことを検討してください。

客観的な保険料差や補償内容を見比べるには、「自動車保険の一括見積もりサイト」を利用すると便利です。
未加入の人はこの記事を読まれましたら、ぜひ加入を検討してみてください。

35歳の被保険者の見積もり設定

今回の参考見積もりの設定は、35歳の自動車保険未加入の人が条件のため純新規加入になります。

運転者年齢:35歳
運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
前年走行距離:なし
運転者限定:本人のみ限定
利用地域:東京
ノンフリート等級:6等級(純新規)

車名(通称名):日産 ノート1200
型式:E12
初度登録:平成26年7月
中古車購入価格:150万円

・補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害補償:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険なし、自動担保以外の追加特約なし

・各種割引(各社ごとに多少差異があります)
インターネット、証券不発行、ゴールド免許、新車、運転者限定など


  関連記事