1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

ホンダ ステップワゴン スパーダクールスピリットの年齢別保険料


2305

ホンダ ステップワゴンスパーダ クールスピリットに乗る 26歳男性の保険料例

車名(通称名):ホンダ ステップワゴンスパーダ クールスピリット
型式:RP3
初度登録:平成27年5月
車両保険価額:300万円

保険会社:イーデザイン損保

今回試算したホンダ ステップワゴンスパーダ クールスピリットの保険加入者は、26歳の保険料です。

年間保険料は、38,150円となりました。

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

友人と出かける機会を想定して運転者範囲を限定してしまう家族限定などは付けていません。
この一般車両保険には、車両新価特約と車両全損時諸費用特約を付けて、万一の車両事故に備えてあります。

また、同様に35歳以上を補償する内容で、エコノミー車両保険、車両保険なしの場合には次の保険料となります。

エコノミー車両保険:26,820円
車両保険なし:19,420円

自動車ローンの支払いがある人、高額な修理費の捻出が厳しい人は、車両保険も付けることを当サイトではオススメします。

なお、この見積もりは、もらい事故などで相手との交渉トラブルの際にも安心な、弁護士に相談や交渉などを依頼できる「弁護士費用補償特約」を追加でセットしてあります。

ステップワゴンスパーダ クールスピリットの運転者年齢別の保険料について

次に年齢別の保険料を見てみましょう。
契約する記名被保険者の年齢は26歳のまま、次の該当年齢の人でも運転できるように試算してみました。

21歳以上を補償する保険料(年払い):68,630円(9等級にて算出)
年齢問わず補償する保険料(年払い):140,870円(7F等級にて算出)
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

見積は、基本設定と同様に「イーデザイン損保」にて算出しています。
ご覧の保険料は、あくまでも参考としての一例なので他社との比較も必要です。
見直しの際は、総合的に検討するようにしましょう。

保険の見直しについては保険契約者のリスクを判断し、保険プランニングをしっかり行ってくれる、自動車保険見積もりサイトを利用すると便利で安心です。

ステップワゴンスパーダ クールスピリットで加入する保険で重視するポイントは?

通常車両保険は、保険金額に修理費用が達した場合が全損になります。

そこで車両保険に車両新価特約を付けて、修理費用が保険金額の50%以上の時には、新車に買い替えができるようにしてあります。

合わせて、諸費用分も保険金が出るので安心です。

家族だけしか運転しない、他人が運転する機会がない、という人は、運転者限定を検討してみてもよいでしょう。

ただし、運転条件や年齢条件を付けていて、別居の家族(未婚の子を除く)が運転する場合、また、他人にクルマを貸すときは、次の手続きをして下さい。

異動承認手続きをする、または、1日単位で運転者ごとに保険に加入できる「東京海上日動火災のちょいのり保険」を利用するようにしましょう。

被保険者と補償条件の基本設定

・被保険者の設定とリスク細分
主な記名被保険者の年齢:35歳

運転者年齢条件:30歳以上補償、21歳以上補償、年齢を問わず補償
運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離:なし(無制限)
運転者限定:なし
利用地域:東京都
ノンフリート等級:20等級(30歳以上)、9等級(21歳以上)、7F等級(年齢を問わず)

・基本補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 300万円(免責5-10万円)

・任意選択の特約設定
弁護士費用補償特約:300万円

※一般車両保険に付帯して追加している特約
車両新価特約
車両全損時諸費用特約

・自動付帯する特約
他車運転危険補償特約
対物超過修理費用特約:50万円
自損事故傷害特約
無保険者事故傷害特約

・各種割引
インターネット
証券不発行
早期契約

↓ こちらで「ホンダ ステップワゴン」の保険最安値を【最大20社】から比較できます。

  関連記事