1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

抜群の信頼と事故対応力の東京海上日動火災保険


kaizyou

名実ともに日本一は東京海上日動火災

長きに渡り日本一を誇っていた東京海上日動火災保険が、MS&ADグループに一時的とはいえ、首位の座を明け渡した時期がありましたが、2013-2014年には堂々の返り咲きです。

さすがに底力のある企業だと思います。

実際、首位を明け渡していたとはいえ、企業内の業績や利益率、そして、顧客の満足度調査など、圧倒的に優れていたのは、ダントツで東京海上日動火災保険でした。

ここ数年の話では有りますが、世間一般では、ダイレクト型自動車保険の台頭から、国内大手損保のサービスを不安視する声も聞かれましたが、代理店の底力を見た感じです。

実際、東京海上日動火災保険が抱える、専業代理店の販売技術力や事故対応力、そして、コンサルティングの懐の深さは、価格だけのダイレクト型自動車保険会社に真似のできない顧客満足度があるのでしょう。

自動車保険の価値

確かに、東京海上日動火災保険の代理店が取り扱う自動車保険は、多くのダイレクト型自動車保険の価格を上回るに違いありません。

実際、オリコンの顧客満足度ランキングでも、「東京海上日動火災保険」のポイントの足を引っ張っているのは価格です。

しかし、多くのユーザーが、高価な保険料であっても同社を選択するには理由が有ります。それは、圧倒的な会社の信頼性、そして、コールセンターと事故担当者の対応です。

信頼性については、後述として、先ずは、コールセンターと事故担当者の対応について考察して見ます。コールセンターは、言わずと知れた、事故や故障時のロードサービスなど、緊急時の顧客に対応する部署です。

24時間365日の対応はもちろんですが、コールセンターは、顧客が何に困っていて、何を欲しているかをいち早く察知して、対応する能力が要求されてそれが評価に繋がっています。

又、事故担当者の対応の良さと相まって、東京海上日動火災保険への安心感に繋がっているのでしょう。

もちろん、こうした理由が、多少高い保険料であっても保険会社を変えない理由でも有ります。基本的に日本人は、会社の規模や実績が伴う信用性を高く評価します。

また、自分に降り掛かった「事故」と言う災難を、丁寧かつ迅速に対応し守ってくれた相手に、絶大な評価を与えるという側面も持っています。

「高価だ」と思いながらも「安心できる自動車保険」ということで、東京海上日動火災保険の「トータルサポート」が選ばれているということは、揺るぎない事実です。

東京海上日動火災保険が選ばれる信頼

東京海上日動火災保険が選ばれる理由は、やはり多くの保守的なユーザーをしっかり掴まえているということが伺えます。

自動車保険のみならず損害保険全般で「東京海上日動火災保険」と言うブランドネームが、保険商品の品質を裏付けているからです。

東京海上は、日本で始めての損害保険会社として設立より135年間、常に業界のリーダーとして日本の損害保険会社の先頭に立ってきました。

かたや、合併のパートナーとして選ばれた日動火災は、日本を代表する動産3社の一角として、戦後の東京を中心に多くの企業や個人の資産保全に尽くしてきた会社です。

この2社の合併により、より強固な保険会社として21世紀の日本を損害保険で守っていると言っても過言ではないでしょう。

業界シェア約34%は、今後も成長することは間違いのないところでしょう。

多くの自動車保険ユーザーが、ここ数年で改訂を繰り返し、各社異なる保険料を出してきている現在では、自分で商品知識を得るか、信頼できる代理店を見つけるか、と言う方法で保険会社を最終的に選ぶ事になります。

一般的に考えれば、忙しい毎日を過ごす人が保険の知識を学んで、保険を選ぶのは難しいことだと思います。

逆に、信頼できる「東京海上日動火災保険」のブランドを取り扱う専業代理店なら、何の不安も無く任せられるということが言えます。

現実的に忙しい人や自営業者には、もっとも間違いのない選択方法のひとつとなるでしょう。

↓ こちらで「東京海上」と大手20社の保険料を比較できます。

  関連記事