1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

AIG保険グループの国内代理店型損保の富士火災


aig

AIGグループで生き残りをかける!

富士火災は、元をたどると動産3社の一角を占めた、伝統的な保険会社です。

現在は、AIG保険グループからの外資によって経営を継続していますが、運営そのものは、元の富士火災から変わること無く続けられています。

国内損保では数少なくなった、独立型の代理店型自動車保険を販売する度損害保険会社です。

AIG保険グループの良い所は、保険会社それぞれの長所を活かした独立経営スタイルで、継続運営を基本としているところです。

同グループでは、AIU保険会社、アメリカンホームダイレクトなどが、同様に自動車保険を販売していますが、それぞれが独自の営業スタイルを持っ会社の個性が生かされた経営を続けています。

富士火災は、動産保険から始まっていますが、自動車保険にも精通し事故対応力のある会社です。

同じ動産3社の日動火災(現:東京海上日動火災保険)、そして、大東京火災(現:あいおいニッセイ同和損害保険)と同様、日本の自動車普及とともに自動車修理工場や中古車販売業者の代理店を多く開拓、業績を拡大してきました。

そうした背景からも当然に、自動車保険に強く、代理店は販売から事故対応力に定評があります。

こちらで保険料が平均3万円やすくなります♪
yazirusi 自動車保険の大手20社最安比較

富士火災の自動車保険ベリエスト

富士火災の個人向け自動車保険には、総合型の自動車保険「ベリエスト」と、個人ドライバーの安全を更に考慮して、もう一歩踏み込んだサービスを提供する「MUSE(ミューズ)」があります。

また、代理店型自動車保険として、自由設計の「FAI」とリスク細分化を更に進めた「FAIneo」が用意されています。

業務用途などのサポートが万全な「ON/OFF」、自賠責保険も併せて販売しています。

多くの保険商品の中でもベリエストには、他社では一般的に追加特約とされている、対物事故の相手が全損の場合、修理費用と時価評価額の差損を支払ってもらえる、臨時費用特約が自動付帯です。

その他に、絶対オススメの弁護士費用特約なども自動付帯されている、心強い自動車保険になっています。

事故からドライバーを守る自動車保険ミューズ

それと、クルマの運転はするけど、なにか起きたら全く対処できない!と、万一の事故や故障などが不安なドライバーにお薦めなのが「MUSE(ミューズ)」です。

「MUSE(ミューズ)」では、事故防止のための「オンライン教習所」、事故発生の際にあなたをまもる、事故現場での電話代理対応、そして、事故後の生活など精神的なケアサポートまで行います。

代理店と相談しながら、もっともお客様にあった商品を、リスク勘案して設計してくれるので安心です。
事故発生時に小回りも効き、対応力の高い富士火災は、要チェックの保険会社です。

↓ こちらで「富士火災」と大手20社の保険料を比較できます。

  関連記事