1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

損害保険グループMS&ADのDNA!三井ダイレクト


mituid

ダイレクト損保の強み

三井ダイレクト損保の強みは、なんといっても、保険料、そして充実した補償の商品構成です。

また、意外というと失礼ですが、大手損保に劣らぬ「事故対応力」と契約から事故処理まで一貫して顧客対応に絞ったサポートに集中できることです。

安い自動車保険を実現できるのは、代理店や多くの営業拠点と人員を持たないので、身軽で利益率が高いからです。

当然、電話やインターネットからお客様からの申し込みがあるまでお待ちする、という営業なのでアクティブさには欠けますが、その分ご連絡を頂いたお客様に全力で対応しています。

商品は、お求めやすい保険料、万全の補償、MS&ADグループが誇る卓越した事故対応力、充実のロードサービスでお客様の万一を確実にサポートします。

こちらで保険料が平均3万円やすくなります♪
yazirusi 自動車保険の大手20社最安比較

ダイレクトでも三井住友海上火災の誇りあり

ダイレクト型と言っても、顧客へのサービス体制と商品開発能力は、三井住友海上火災そのものと言っても良いくらい、しっかりしています。

21世紀を迎える前は、三井海上火災、住友海上火災は、別々の保険会社でお互いが数字の上でも最も近接したライバル関係にあり、切磋琢磨して業界を牽引してきました。

いわゆる財閥系損保4社の内の2社ですから、その企業力は、推して知るべしです。

現在も、そのパワーバランスは崩れること無く、MS&ADグループと言う持株会社の下、国内損害保険の3割以上を占める損害保険グループに成長しています。

国内ダイレクト損保の中でも早くから営業を開始している、三井ダイレクトは「他とは違う本物のDNA」を持ったダイレクト損保です。

オリコンランキング保険料の満足度第2位

損害保険会社の満足度調査の一つの指針とも言える、オリコンCSランキングでも、保険料部門で第2位を獲得しています。

しかし、それ以上に三井ダイレクトの良い所は、なんといってもバランスです。

「事故対応がよくても保険料が高い」、「保険料が安くても商品がわかりにくい」など、バランスが取れていなくては、保険商品や保険会社その物が顧客のリスク(負担)になってしまいます。

それでは、本末転倒というもので、保険がギャンブルみたいになってしまうでしょう。

その点において、バランスに優れた三井ダイレクトは、どなたが利用するのでも安心ですし、お勧めできる保険会社です。

特に加入手続きのしやすさ、早さなどのポイントは高く、よりわかりやすい自動車保険と言えるでしょう。

加入後の事故対応やコールセンターの対応も、軒並み高得点を維持してきていますから、今後も安心して利用できる保険会社と言えるでしょう。

↓ こちらで「三井ダイレクト」と大手20社の保険料を比較できます。

  関連記事