1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

日本車初の自動運転車!日産セレナの自動車保険は安くなる?


serena

2016年8月発売の新型日産セレナには、ミニバン初の自動運転技術「プロパイロット」が盛り込まれました。

「自動運転」と聞くと受け取る人によっては、映画で見た未来社会のように「車が運転を自動的に行い目的地に運んでくれる?」と期待をする人がいるかもしれませんが、そのような夢の車の登場は、もう少し時間がかかりそうです。

今回登場した自動運転技術「プロパイロット」が装備されたセレナは、高速道路や渋滞時に多くの範囲で運転支援が可能になるので、運転者のストレス軽減につながりヒューマンエラーを未然に防いでくれるでしょう。

つまり、事故の発生を抑える効果を大いに期待できるので、プロパイロット装備のセレナは当然に、「保険料が安くなる?」と願わずにいられませんね。

この記事では、新型セレナの保険料を考察し自動運転技術の搭載によって保険が安くなるか検討して参ります。

セレナ搭載の自動運転技術「プロパイロット」とは?

puropairotto0811
今回セレナに搭載される自動運転技術「プロパイロット」は、自動運転の第1歩目となる「自動化レベル2(※1)」にようやく達成したところです。

「自動運転」という期待させる言葉だけが独り歩きしてしまい、「自動ブレーキ」同様、誤解している人もいるようですが、運転支援技術の進化形として見るくらいが適当です。
プロパイロットの主な特徴は次の通りです。

・時速10km/h以下の速度でハンドルの制御、速度は前方車両への追従とゴーストップ。この速度域では、ハンドルから手を離していても制御が行われます。

・10~100km/hの速度域では、ハンドルに手を添えていれば、前方車両に追従する形で自動運転を支援する。

・低速から高速域まで、連続して単一レーンの中央をキープして走行を支援する。ちなみにスバルのアイサイト3なども、高速域でレーンをキープする機能は実現している。

全体的に自然な運転状況をサポートしてくれるので、長距離走行や渋滞時のストレス軽減は間違いなく期待できます。

※1:自動化のレベルについて、詳しくは別の記事にて解説している「自動運転化のレベルと定義について」を参照して下さい。

かなり安い!日産セレナの保険料

serenahokenryou0811
ミドルクラスのミニバンの平均となる各料率クラス(対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害、車両)は、4~5クラスです。

セレナの場合、2016年8月までの販売モデルにおいて、3~4クラスとなっており安いほうだと考えられます。

ちなみにライバルのトヨタヴォクシー(3~5クラス)、ホンダステップワゴン(4~5クラス)となっているので、ライバルに比べて割合に事故が少ない車と言えます。

新型車についてですが、スタートクラスは車両価格などから4クラスです。

自動運転をはじめとした運転支援技術が組み込まれることで、更に事故の発生を抑えられるので、数年後には料率クラスの引き下げも期待できそうですね。

気になる保険料は、2016年7月販売中の「ハイウェイスターG SハイブリッドのFFモデル(型式:HFC26)」で試算したところ、保険料は次のようになりました。

被保険者とノンフリート等級、車のグレードなどの設定は、次項に記載しています。

・保険料
基本補償+一般車両保険:46,030円
基本補償+エコノミー車両保険:32,730円
基本補償のみ:21,710円
こちらで保険料が平均3万円やすくなります♪
yazirusi 自分の保険料を調べてみる

被保険者と補償条件の基本設定

kihonsettei0811

保険会社:SBI損保

・被保険者の設定とリスク細分
記名被保険者の年齢: 45歳
運転者年齢条件:26歳以上補償
運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離:距離区分なし
運転者限定:夫婦限定
利用地域:東京
ノンフリート等級:14等級(50%割引)

・基本補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:5000万円(車内外の自動車事故を補償)
車両保険:320万円(免ゼロ特約付、免責1回目5万円、2回目以降10万円)

・任意選択の特約設定
対物超過修理費用補償特約:50万円
弁護士費用等補償特約:300万円
自転車事故補償特約(賠償責任:1事故につき1億円 死亡・後遺障害:1名につき1,000万円 医療:定額払)

・各種割引
インターネット割引、証券不発行割引、ゴールド免許割引、新車割引

現在の「自動運転」は完全自動ではない!

kannzennjidoujanai0811
米国にて発生したテスラの自動運転技術「オートパイロット」にて走行中の死亡事故を受けて、国土交通省から2016年7月6日、緊急に自動運転について次のような発表がありました。

現在実用化されている「自動運転」機能は、完全な自動運転ではありません!!

「5月に米国において事故が発生したテスラの「オートパイロット」機能を含め、現在実用化されている「自動運転」機能は、運転者が責任を持って安全運転を行うことを前提とした「運転支援技術」であり、運転者に代わって車が責任を持って安全運転を行う、完全な自動運転ではありません。」

※国土交通省 Webサイトより引用
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000216.html

現在の自動運転技術は、あくまでも運転支援として捉え、完全な自動化と捉えるのは大変危険であり、誤った認識です。

また、同じ「自動化レベル2」であっても車種ごとにドライブフィールは異なるので、自動運転中も運転者としての注意義務は発生しています。

ドライビングシート上で足を組んだり、脇見をしたりするのは絶対にやめましょう。また、スマホを見ながらの運転も行なってはいけません。自動運転の利用については、自動車メーカーの取扱説明に従い、正しく理解して利用して下さい。

なお、現行の道路交通法では、自動運転中の事故もすべて運転者の責任となるので、自動運転中でも、注意を怠らないように気を付けましょう。

日産セレナの保険料は安くなる?ならない?

serenayasukunaru0811
セレナが搭載する「プロパイロット」の装備による割引は、保険料試算の設定上ありません。したがって自動運転支援技術が搭載した車であっても保険料は安くなりません。

なぜ?と思われる人も多いと思いますが、現在、自動ブレーキ装着車をはじめとした多くの運転支援装置の装備車が増えています。しかし、その自動化のシステムやレベルが個々に異なるため、割引はまだ設けられていません。

今のところ自動運転支援技術システムごとに個々の割引率などは考慮されていないので、残念ながら通常車両と保険料の差は生じることはありません。

セレナも発売から数年後に保険料が安くなる

しかし、優れた運転支援技術として人気の高いスバルのアイサイトは、搭載車の事故割合が減った事実があり、搭載車を含む車両の型式料率クラスは低くなっています。

スバル車の例を考慮すれば、事故を起こしにくい車となる自動運転支援システムのプロパイロット搭載車なら、将来自動車保険の料率クラスも下がり結果的に保険料が安くなることでしょう。

少し待つようになりますが、プロパイロット搭載車のセレナも数年で料率クラスが低い車になる、ということなら十分期待できそうです。

↓ こちらで「日産セレナ」の保険料が1番安い業者が分かります。

  関連記事