1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

エース損害保険はCHABB(チャブ)損保に!地震でも満額補償の自動車保険とは?


道路の地割れ

皆さんは、CHABB損保をご存知ですか?

ほとんどの人が知らない名前のCHABB損保ですが、2016年10月エース損害保険が社名変更した損害保険会社です。

ところで、エース損害保険のことはご存知だったでしょうか? 現実には、エース損害保険もあまり有名ではありませんから、知らない人の方が多いかもしれません。

では、なぜ今CHABB損保なのか?

当サイトでは、自動車保険加入者にメリットのない解説はしませんが、いまさら有名でもない国内では小規模な外資系の損保を紹介するには理由があります。

それは、CHABB損保と朝日火災だけが取り扱う、満額補償の地震特約を付帯できる車両保険を知ってもらいたいからです。

この記事では、CHABB損保についての簡単な紹介、自動車保険商品で覚えておいて欲しい、地震災害で満額補償される自動車保険をピンポイントで解説します。

エース損害保険とCHABB損保ってどんな損保?

donnasonpo1123

CHABB損保に名称変更する前のエース損害保険は、昭和の時代から傷害保険など第3分野の補償を主に取り扱っていた、外資系のシグナ傷害火災保険からエース損害保険へと移り変わってきました。

そして2016年10月、エース損害保険も親会社の名称変更に伴い、CHABB(以下:チャブ)を社名に変更することに至りました。

社名変更が行なわれた理由は、それに先立つ2016年1月に親会社のエース・リミテッドがチャブ・コーポレーションの買収を行ない、世界的に知名度の高い「チャブ・リミテッド」に社名とブランドの名称変更を行ったことを受けたものです。

チャブ損保は、エース損害保険の時代から外資系代理店型損保として、自動車保険はもとより、傷害保険や火災保険、企業用賠償責任保険などに長けた総合的に損害保険商品を取り扱う損保です。なじみ深い損保でいえばAIU保険に似た形態の損保といえるでしょう。

代理店型損保の自動車保険と聞くと「保険料が高い」というイメージが先行してしまいますが、近年、小規模の代理店型損保の商品は、大手損保のそれとはかなり違ってきており、価格も抑えられてきています。

そして大きく違うのが次に紹介する「大手損保にない補償がある」ということです。

地震津波損害でも満額補償の自動車保険

地震と津波

2016年11月22日早朝、福島県の太平洋沿岸に地震が発生し、最大1.4Mに達する津波が襲いました。幸い、大きな災害には至りませんでしたが、「2011.3.11」の津波被害を思い起こす出来事でした。

日本国内では近年、1年を通して数回の大きな地震が発生し、甚大な被害をもたらしています。

自動車保険にはクルマの被害を補償する車両保険があります。しかし、肝心の地震災害での補償は、特約により一部のみ保険金が支払われる程度です。

現在、損保各社では、車両保険に追加特約として地震津波噴火により被災し全損となった場合、一時金として50万円が支払われる「地震等による車両全損一時金特約」という、薄い補償だけ販売されているのが現状です。

チャブ損保と朝日火災だけ満額補償できる!

そこで小規模の代理店型損保2社に注目です。小規模な損保というなかれ!

チャブ損保と朝日火災だけは、車両地震特約を付けると、車両保険の満額まで補償されるばかりか、一部損にも対応してもらえます。他損保の「地震等による車両全損一時金特約」では、全損にならない限り保険金が出ないので、その違いは歴然です。

今後、大きな地震災害が予想される地域に住んでいる人は、地震災害の補償を手厚くしているのがチャブ損保を検討してみてはいかがでしょうか?

↓ 下の一括査定で「CHABB損保」と大手20社の保険料を比較できます。

  関連記事