1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

年間走行距離によって保険料が安くなる自動車保険


soukou

年間の走行距離で保険料が安くなる人

ダイレクト型自動車保険を販売する損保会社には、走行距離によるリスク細分がされた自動車保険があります。

あまり多くの保険会社では採用されていませんが、ダイレクト型で人気のあるソニー損保やアクサダイレクトでは、「いわゆる走った分のリスク」に対して支払う合理性が人気の理由でもあります。

しかし、この2社においても、走行距離の区分が次のようにそれぞれ異なります。

ソニー損保:3,000km/5,000km/7,000km/9,000km/11,000km/16,000km/無制限
(それぞれ表示km以上)
アクサダイレクト:5,000km未満/10,000km未満/10,000km以上

保険会社によって違う走行距離区分となっているため、容易に比較もできません。

そこで、自分が年間で走る距離の概算値をカバーする範囲で、保険料試算してもらい、もっとも安い保険会社を選ぶとよいでしょう。

こちらで保険料が平均3万円やすくなります♪
yazirusi 自分の保険料を調べてみる

走行距離が多い人は高くなることもある

社用車

概ねの話となりますが、走行距離が年間1万キロを越えて行くと、走行距離区分の有る保険のほうが高くなってしまうこともあります。

年齢条件などによっても価格に差が付くので、走行距離が多い人は、走行距離区分のない保険会社からの見積も比較対象にした方がよいでしょう。

なお、走行距離が伸びる理由が「業務使用」によるものの場合、一部のダイレクト系保険会社では、保険加入に制限を設けている場合もあるのでよく確認しておきましょう。

実走行距離が多い場合と少ない場合

契約時に走行距離を申告しておいても、実際に使っていて走行距離が伸びることもあります。
又、その逆もあるでしょう。

一般的には、走行距離が延びてしまう場合、リスクも上がるので保険料の追加が必要になる場合もあります。走行距離が延びたことを通知連絡しないと最悪の場合、保険が使えなくなることもあります。

そのようなことでは保険をかけている意味がなくなりますので、本末転倒とならないように通知はしっかりと行いましょう。

ちなみにソニー損保では、1年目の走行距離のオーバーは、「通知して差額保険料を支払う」ことで補償されますが、2年目以降「超えても安心サービス」により、距離をオーバーしても通知や差額保険料の支払いは不要です。

また、走行距離が少ない時は、その逆に1000kmごとに翌年の保険料を割り引くことで、支払った保険料が無駄にならないように配慮されています。

そうした部分が人気の秘密かもしれません。

実走行距離型の保険も有る

メガ損保の1社となる、あいおいニッセイ同和損保では、実走行距離対応型の「PAID(ペイド)」という自動車保険があります。

この自動車保険は、ユーザーの申告に基づく走行距離ではなく、クルマに搭載した通信端末によって自動的に走行距離を保険会社にフィードバックして、保険料を精算するシステムです。

その為、適用できるクルマは限られていて、トヨタのG-BOOK利用契約が締結されていることが条件になります。

同社の通常自動車保険契約と比較して、走行距離が少ない人は15%から20%ほど割安となる場合があります。

継続契約も全て自動的に行われるので、面倒を掛けたくない人で継続漏れなどが無いようにしたい、トヨタ車のユーザーには、おすすめの保険です。

しかし、元の保険料率が若干高いこともあり、他のダイレクト型自動車保険との比較をした方がよいということは、言うまでもありません。

↓ こちらで「走行距離別」の保険最安値を【最大20社】比較できます。

  関連記事