1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

スズキ ハスラーで21歳以上男性 が見直し加入する


hasura

スズキ ハスラーの特徴と補償条件の設定

車名・通称名/グレード:スズキ ハスラー/Xターボ4WD
型式:DBA-MR31S
初度登録:平成26年7月
利用地域:東京都

hasura2

ハスラーは、スズキが得意とする新たなカテゴリーの軽自動車です。
ジムニーとも違うクロスオーバー軽自動車となっており2WDの設定も豊富です。

純粋な4WDのオフロード車とは違いますが、15インチのタイヤ・ホイールの組み合わせや懸架装置のセッティング、そして車体前後を詰めています。
そうしたセッティングにより、180mmの最低地上高とアプローチアングル28度、デパーチャーアングル46度を確保して、一般的なミニバンタイプの軽自動車とは大きく異なる走破性能を発揮することができます。
ハスラーなら、雪道や林道、そして多少の段差など気にせずに走ることができますね。

5代目ワゴンRのプラットフォームを利用した、スペーシアとは全く正反対に位置するようなクルマのセッティングですね。
15インチタイヤとしっかりストロークが確保されたサスペンションとフロントスタビライザーによって、走行性能も軽自動車のそれとは大きく違う安定性の高いドライビングを約束してくれます。

ハスラーは、一般的な利用者を想定したクロスオーバー軽自動車ですから、安全装備もぬかりなく設定されています。
特に、今回保険見積を行う、XターボのCVT仕様では、衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能など、ヒューマンエラーをカバーして事故を未然に防いでくれる機能が標準装備されていて安心です。

補償設定は次の内容にしました。
車両保険は、自動車ローンの利用者が多いことを想定し、一般車両保険付きとしました。
多くの保険会社の中で今回は、インターネット申し込みで保険料が安いと評判の「SBI損保」にて試算しています。

保険会社:SBI損保

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限(対物差額修理費用補償特約 50万円)
人身傷害 3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 180万円(免責1回目10万円 2回目以降10万円)
弁護士費用補償特約300万円
他車運転危険補償特約

なお、補償の設定ポイントについては、保険料試算の説明を参考にしてください。

21歳以上補償の保険料試算結果

保険料(年払)55,890円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

年齢条件:21歳以上補償
等級:11(他社継続新規)
前年事故の件数 0回
事故あり係数 0年

運転免許証カラー:ブルー
日常・レジャー、8000km未満、
被保険者:男性24歳
運転者限定:運転者限定なし
インターネット割引、証券不発行割引あり

21歳以上補償の加入内容の解説

ハスラーXターボ4WDのCVT仕様は、トップグレードとなるためクルマの価格が軽自動車にしては高額です。
しかし、スズキが総力を結集して作った、新カテゴリーのクルマということもあり、抜群の走行性能と安全性を持ち合わせたクルマになっています。

さて車両保険ですが、今回は、最高グレードのため180万円にて設定しています。
自動車ローンを利用している場合、万一の事を考えて一般車両保険を付けておく方が無難です。
しかし、小損害での利用は、その後3年間保険料の増加につながるので免責を10万円つけてあるので、修理費について10万円まで自己負担となることを覚えておいてください。

SBI損保では、インターネット割引などが他社と比べて小幅に見えますが、元の保険料率が安いので、最終的な支払金額は少なくなることが多いです。

また、対人対物などの賠償費用は、一切削っていません。
なお、もらい事故対策として弁護士費用や人身傷害は、しっかり付保しています。

今回は、24歳の男性ということで、お友達とスキーなどのアウトドアスポーツに出かける際、交代で運転することを想定し、運転手の限定を外してあります。

もし、他人には運転させることが無いのであれば、運転者限定により保険料をさらに下げることが可能になります。


  関連記事