1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

ホンダ N-BOXに35歳以上の夫婦が保険加入するばあい


hondan

ホンダ N-BOXの特徴と補償条件の設定

車名・通称名/グレード:ホンダ N-BOX/ターボLパッケージ
型式:DBA-JF1
初度登録:平成26年10月
利用地域:東京都

nbox

ホンダN-BOXは、ホンダが未開拓だった軽トールワゴンカテゴリーに満を持して、開発し投入したごきげんな軽自動車です。

軽自動車というと、そのボディサイズやエンジン排気量や出力など、法律による制限や自主規制などがあり、他メーカーも含めて突き抜けた個性を見出すことが難しくなっています。
特に、軽自動車のカテゴリーで後発となっているホンダがどれだけのものを出してくるのか、ユーザーたちの期待も高かったと思います。

N-BOXは、ホンダの真面目なコンパクトカー造りとその技術力の高さを感じる、素晴らしいクルマです。
見た目も、軽自動車としては大きく見えるパッケージで、堂々としています。
とても基本的なところですが、室内の高さや長さもタントやスペーシアと比べて確実に広くなっています。

ダイハツがウエイクを出してきたので、少々厳しい闘いにはなりますが、N-BOXには、他社と比べて強力なエンジンがあるので、そうしたポイントも魅力の一つになるでしょう。
ボディデザインもSLASHが追加されたことで、さらに幅広いユーザーに対応しています。

今回、保険を付けるクルマ「N-BOX ターボL」は、ベーシックなモデルながらターボ搭載の走るモデルです。
クラストップの高トルクを低回転域から発揮する優れた特性のターボエンジンにより、軽自動車の力不足は全くないと言ってもよいでしょう。
エンジンスペックとクルマの重さなどを対比すると、1.3Lクラスのコンパクトカーとほぼ同様か、少しキビキビ走れる印象です。

今回の保険見直しは、39歳男性と35歳女性のご夫婦が運転するファミリーユースの内容となります。
現在、14等級となっており今回の見積もりでは、車両保険の搭乗者の家族への保障を見直すようにしています。

今回は、ダイレクト自動車保険の先駆けと言える「アメリカンホームダイレクト」にて試算しみました。

保険会社: アメリカンホーム保険

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害 5000万円(搭乗中のみ)
車両保険 180万円(免責1回目5(0)万円 2回目以降10万円)

車対車免ゼロ特約
対物超過修理費特約50万円
他車運転危険補償特約
弁護士費用補償特約300万円
生活賠償責任補償特約

割引:インターネット、運転者夫婦限定、証券不発行、
なお、補償の設定ポイントについては、保険料試算の説明を参考にしてください。

35歳以上を補償する保険料の試算結果

保険料(年払)38,540円
保険料(月払)3,440円(12回合計42,760円)
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

年齢条件:35歳以上補償
等級:15等級
前年事故の件数 0件
前年事故あり係数 0年

運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離区分:5000km未満、
記名被保険者:男性39歳
運転者限定:被保険者本人+配偶者

35歳以上補償の加入内容の解説

今回のN-BOXの保険の加入ポイントは、家族に向けた補償を手厚くしてあります。

ファミリーユースのマイカーにおいて万一の事故のとき、乗車中の家族の補償は、搭乗者用の保険と相手方の対人賠償で補償されます。
つまり、相手がいない自損事故や無保険者との事故では、被保険自動車にかけている補償だけでまかなうことになります。

そこで今回は、家族を守るための補償として身傷害保険の補償額を5000万円で試算しました。
人身傷害保険は、基本的に保険金額を限度に実際の損害金額が支払われるので、運転者を含めた家族全員が対象で、万一の際には、より手厚い補償を受けられるようになります。

契約の自動車に乗車中の事故のみならず、他の自動車による事故や歩行中の交通事故など、幅広い範囲で補償が受けられます。
運転者の過失にかかわらず保険金額を限度に損害額として、休業損害、慰謝料相当支払われる補償も付くので安心です。

車両保険は、一般条件で免責0特約を付けてあります。
これにより、相手が確認できる自動車の場合、車両保険の免責が0になるので、自身で負担する費用がなくなります。

追加の補償特約として「生活賠償責任補償特約」をセットしてありますので、国内にて日常生活中に発生した損害賠償責任を負ってしまった場合に補償が適用されます。(家族全員補償)

アメリカンホームならではの、リスク細分型保険なので、補償内容を手厚くしても保険料はかなり安く上がるので、他の保険と比べて検討してみてください。


  関連記事