1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

ダイハツ ハイゼットカーゴ&ハイゼットトラックの年齢別保険料


haizeto

ダイハツの商用車の保険を比較する

ハイゼットは、国内の商用軽自動車販売においてもっとも長い販売実績がある、ダイハツ商用車の歴史そのものと言えるクルマです。

初代の販売が昭和35年(1960年)からですので、既に半世紀以上の歴史をもっており現行モデルにて10代目となっています。
私も免許取りたての時分に乗った記憶がありましたが、それでも6代目モデルですから相当に歴史のあるクルマです。

現行モデルのカーゴは、既に10年経過しているのでモデルチェンジも期待されるところですが、クルマの基本的な骨格とエンジンがしっかりしている事もあって、不便を感じることは有りません。

対して、トラックは、2014年にフルモデルチェンジしています。
農業女子をターゲットにした販促やオプションなどで注目を集めるモデルとなっています。

ハイゼットの保険については、バン・トラックともに軽四輪貨物自動車の保険料率はおなじになるので、補償内容と保険会社を同一にして21歳、30歳、40歳、60歳、70歳、77歳まで年齢別に試算してみました。

保険会社は、ダイレクト損保の先駆けとなった「アメリカンホームダイレクト」です。
保険料的にはかなり安い方ですが他社の保険との比較など参考にしてみてください。

被保険自動車と保険会社、補償条件の設定

車名・通称名/ダイハツ ハイゼットトラック/2WD ジャンボ(※)
型式:EBD-S500P
初度登録:平成26年12月
(※)ハイゼットカーゴも保険料は同じです

保険会社: アメリカンホーム保険会社

等級:14等級(50%割引)
前年事故の件数 0件
前年事故あり係数 0年

運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:業務使用
契約距離区分:10000km~15000km
運転者限定:なし
利用地域:東京都

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害 3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 エコノミー100万円(免責10万円)

ロードサービス、
弁護士費用補償特約300万円
対物超過修理費特約50万円
他車運転危険補償特約

割引:インターネット、証券不発行

年齢条件の詳細については、保険料試算結果と内容の解説を参考にしてください。

ハイゼットの主な運転者の年齢別保険料試算と内容の解説

補償の条件と保険会社、並びにノンフリート等級を同じにして試算しています。

保険料試算を行った、アメリカンホームダイレクトでは、21歳から最大77歳までインターネット上にて試算が可能になっています。
それ以外の人は、別の保険会社に相談してみてください。

21歳 保険料(年払):83,390円、(月払): 7,440円
25歳 保険料(年払):51,730円、(月払): 4,610円
30歳 保険料(年払):42,080円、(月払): 3,750円
40歳 保険料(年払):42,480円、(月払): 3,790円
50歳 保険料(年払):46,250円、(月払): 4,120円
60歳 保険料(年払):46,250円、(月払): 4,120円
70歳 保険料(年払):53,000円、(月払): 4,730円
77歳 保険料(年払):73,670円、(月払): 6,570円

このように並べてみると、年齢別の保険料の違いがはっきりしてきます。
概ね10歳ごとで調べてみましたが、やはり若年層は保険料が高くなっています。

保険料が安いのは、30代から40代となっており、50~60歳は同じ保険料です。
それ以降ゆるやかにリスクが上昇していくので、それに連れて保険料も上がります。

他社の年齢の区分リスクは、1歳ごとの年齢による保険料ではないので、50代以降で少しリスクがアップする人は、35歳以上の保険料が安いダイレクト型自動車保険を比較してみると良いでしょう。

アメリカンホームダイレクトの保険料設定は、年齢ごとのベンチマークになるので比較の基準とするのに便利です。
一括比較で見積もりの際に、必ず入れて検討してみてください。

↓ こちらで「ダイハツ ハイゼット」の保険最安値を【最大20社】比較できます。

  関連記事