1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

ホンダ アクテイバン&アクテイトラックの26歳8等級の保険料


akutexi

ホンダアクティの特徴と保険加入のポイント

ホンダアクティは、ホンダが軽トラックT360から4輪自動車の製造販売に参入した流れを組む、その後のN360やシビックなど大衆に向けて作った、ホンダイズムの宿る商用車です。
アクティは、発売当初より「キビキビ」と走り働く、と言う表現が使われてきましたが、現在も同様にキビキビ走るクルマとして宣伝されています。

筆者は、初期のアクティに大変助けられ、また悩まされたことを覚えております。
助けられたのは、ほんとうにキビキビとよく働いてくれたこと、しかし悩まされたのは、外装などよれよれになりながらも肝心のエンジンとボディが致命的に壊れないので、なかなか代替できなかったことです。
つまり、本当にいいかげんな使い方をしていても壊れないので、軽自動車としては抜群に丈夫で優れていたといえますね。

現行モデルのトラックは、1世代前の問題点を解決した結果、元のキャブオーバー型のキャビンに戻って、キビキビ感が全開の車になっています。

軽トラックのキャブオーバーだと前部重たいものが集まっているイメージが有りますが、アクティだけは違います。
他社の軽トラックは、確かにシートの下にエンジンがあるのですが、アクティはミッドシップレイアウトで後輪にトラクションが掛かりやすく、回頭性がとても良いのです。

農道のNSXなどと揶揄されることもありますが、キビキビと走る性能は、そうしたホンダアクティならではといってよいでしょう。

さて、そんな走りも楽しいと言える軽トラック、ホンダアクティに掛ける保険は、エコノミー車両保険付きの保険料負担の軽いダイレクト型で試算します。
保険会社は、走行距離を問わず保険料が安い「SBI損保」にて見積もりました。

被保険自動車と保険会社、補償条件の設定

車名・通称名/ホンダ アクティトラック/4WDタウン
型式:EBD-HA9
初度登録:平成26年3月
(※)アクティバンも基本の保険料は同じです。

保険会社: SBI損保

等級:8等級
前年事故の件数 0件
前年事故あり係数 0年

運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:業務使用
契約距離区分:なし
運転者限定:本人限定
利用地域:東京都

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害 3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 エコノミー100万円(免責5(0)-10万円)

車両保険免責ゼロ特約
ロードサービス、
弁護士費用補償特約300万円
対物超過修理費特約50万円
他車運転危険補償特約

割引:インターネット、証券不発行、運転者本人限定

年齢条件の詳細については、保険料試算結果と内容の解説を参考にしてください。

アクティの主な運転者の保険料試算と内容の解説

保険料(年払):51,730円
保険料(月払): 4,610円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

保険料試算を行った、SBI損保では、走行距離区分がなく年齢条件も最高で26歳以上です。
つまり、仕事でガンガン走る26歳以上のドライバーには、フットワークもマッチする保険です。

自損事故と当て逃げのリスクを除いたエコノミー車両保険は、保険料も比較的安いのでまだノンフリート等級が進んでいない人でも、保険がかけやすくなります。
今回は、相手が自動車で確認ができれば免責をゼロにする特約も付けてあるので、いざというときには、役に立つ保険です。

26歳以上補償でシンプルな内容を希望するなら、SBI損保は、比較するときに外せない損保のひとつです。
一括で見積もり比較をする際は、安いダイレクト型保険のひとつとして加えてみてください。

↓ こちらで「ホンダ アクテイ」の保険最安値を【最大20社】比較できます。

  関連記事