1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

トヨタ86GRとマークX「GR SPORT」の車両保険と年齢別保険料


トヨタが進めるスポーツライン「GR」の上位モデル、86GRとマークX「GR SPORT」の自動車保険について、もっとも気になる「車両保険」など、補償の付け方、使用別のおすすめ自動車保険をご案内します。

今回の記事では、必要な補償、スポーツカーの車両保険、そして年齢別保険料を21歳、26歳、30歳、40歳、50歳、60歳、70歳と被保険者ごとの見積もり例を、安い保険料と事故対応で定評のある「イーデザイン損保」の見積もり例をご案内します。

トヨタ86GR、マークX「GR SPORT」の購入時、使用目的に合わせた自動車保険選びや補償の選び方について、参考にご覧下さい。

トヨタGR SPORTに必要補償と車両保険について

GR SPORTの自動車保険は、次のような補償内容で加入すると安心です。

対人賠償保険:無制限
対物賠償保険:無制限
人身傷害補償:3000~5000万円
搭乗者傷害補償:0~1000万円
車両保険:車両購入価格+諸費用

上記の任意保険の付保について以下に補足解説して参ります。

対人賠償補償

対人賠償保険は、自賠責保険の補償範囲を超える賠償金の支払いに対応します。

ダイレクト自動車保険をはじめとする個人向けの自動車保険の多くは、最初から対人賠償保険金額を「無制限」で設定されています。

対人賠償の補償金額はなぜ「無制限」がいいの?

対物賠償補償

対物賠償保険は、交通事故で相手の車や路側のガードレール、標識などを含む物の損害に対して、必要な賠償金を支払います。

対物賠償は、路線バスや事業用の貨物車などの休車損害、店舗などの休業損害等、営業利益の損害金も支払われます。

乗用自動車では、大きな対物賠償事故を起こす確率は低いのですが、沿道の店舗に車ごと突っ込んでしまうような事故を起こした場合、店舗の修復費から商品・什器などの補償、休業損害の補償などまで補償することになると、1000万円を超えるような対物賠償事故もない話ではありません。

以前の対物賠償補償は、1000~2000万円程度の保険金額設定が多かったのですが、最近は「無制限」が主流になってきており、はじめからセットしているダイレクト自動車保険もあります。見積もり、申込時に確認しましょう。

対物賠償は無制限に!補償額2000万と無制限の差は約200円!

86GRとマークX「GR SPORT」には、「Toyota Safety Sense」が装備されていません。これほどの上級車では意外かもしれませんが、スポーツ性能とデザインを優先させたゆえに仕方ないのかもしれません。

もちろん、「GR SPORT」は、ブレーキ性能や回避性など運動性能の高い車なので、事故を起こす可能性は低いと考えられます。しかし、万一の事故で加害者となってしまった場合も想定し、被害者への補償が不足することの無いよう、賠償保険は迷わず「無制限」で備えておきましょう。

搭乗者補償(人身傷害補償、搭乗者傷害補償)

運転者をはじめとして86GRやマークXGR乗る人が搭乗中にケガをした場合、治療費などを補償するのが「人身傷害補償、搭乗者傷害補償」などの傷害保険です。

特に上級セダンのマークXは、家族や恋人、友人、知人など大切な人を乗せる機会もあることでしょう。

搭乗者への補償の考え方は少し複雑で、運転者に過失のある事故の場合、運転者本人から見て他人となる友人・知人については、対人賠償保険と搭乗者補償のどちらも支払いの対象となりますが、運転者本人とその家族への補償は、搭乗者用の傷害保険だけになります。

つまり、搭乗者用の傷害保険をしっかり付けておけなければ、運転者本人とその家族の補償は、最悪の場合不足が生じることもあるので注意が必要です。

当サイトでは、治療費から休業補償まで幅広く実損害をカバーできる「人身傷害補償」をメインに、不足を補う形で定額補償の「搭乗者傷害補償」を追加付保することをおすすめしています。

なお、事故の相手の過失によるもらい事故の際、相手が無保険車などで賠償が遅れるようなときにも、人身傷害補償が付いていれば医療機関への治療費支払いや休業損害などの費用まで支払われます。

一般的に人身傷害の保険金額は、3000万円~5000万円の範囲で付保しておけば治療費等の支払いに十分機能します。なお、人身傷害補償は、主な被保険者の家族の契約者車両への搭乗中以外でも、自動車事故への補償可能な契約があります。見積もり、加入時に確認して下さい。

また、運転者を含む搭乗者に高齢者が想定される場合、人身傷害補償にプラスして定額補償の搭乗者傷害補償を1000万円ほど追加しておくと安心です。高齢者が搭乗中の事故で死亡や後遺障害に至った場合、逸失利益が少なく見積もられることがあり、支払われる保険金が少なくなるからです。

運転者を含む、高齢者の搭乗機会が多いなら定額払いの搭乗者傷害保険で補償不足を補いましょう。

86GRの車両保険について

「86GR」の車両保険は、加入時に気を付ける必要があります。

車両保険は、購入金額を元に保険会社の定める「車両保険価額」の範囲内で付保しますが、86GRの場合、2012年のデビュー当時から同じ車両型式になるため、WEB見積もりなどでは車両保険金額が購入額に満たないケースがあります。

実際、ダイレクト自動車保険では、すべての見積もりで100万円以上不足します。

このような状態でそのまま保険加入すると、実際の事故で保険金が不足する事態となるばかりか、購入時の車両価格の実態が反映されていないことが影響し、保険金支払いに問題が生じることも懸念されます。

WEB見積もりでは、86GRの車両価格が反映されていないので、個別に保険会社に連絡を取って見積もりを依頼するようになりますが、加入者の年齢やノンフリート等級など条件次第で、引き受けが難しくなるようなケースもあります。

もちろん、購入先のディーラーにて代理店型自動車保険に加入するなら、そのような面倒は無いのですが、保険料の点からもできればダイレクト自動車保険の見積もりを取って、加入したい人も多いことでしょう。

そのようなときに利用すると便利なのが「自動車保険の一括見積もり」です。 一括見積もりでは、サイトから大手損害保険代理店を通じて、ダイレクト自動車保険や代理店型自動車保険の見積もりをまとめて案内してくれます。

気になる車両保険金額も車種とグレードをサイトから希望を入力するだけです。

86GRは、スポーツカーゆえに多少元気な運転が災いし自損事故などを起こす可能性もあります。もちろん、自分の過失による事故だけでなく、過失割合の生じる事故でも車両保険が自己の過失分をカバーしてくれます。

86GRは、専用のアクセサリーパーツが多く、GRMN譲りの専用パーツなどは、ノーマルの車両よりもかなり高くなります。同じ86でも事故の際は、ノーマル車よりも高い修理代になるので車両保険は必須の車です。

マークX「GR SPORT」の車両保険

マークXも86GRほどではありませんが、ベース車の250S及び、350RDSと比べて高額となっており、車両保険金額の設定時には、注意が必要です。

WEB見積もりでは、車両型式やグレードごとにはじめから平均的な価額で保険金額が設定されますが、GR SPORTグレードは、価格に反映されないのでマニュアルで入力する必要があります。

なお、車両価格を勘案して最低でも新車から最低3年間ぐらいは、車両保険を付けましょう。もちろん可能であれば、その後も付保するに越したことはありません。

また、自動車ローンを利用している人は、支払い期間中は必ず車両保険付保を付けておきましょう。

なお、人気の86GR マークX GRスポーツは、車両盗難による被害を受ける可能性が他の車より高くなることも考慮しましょう。一般車両保険、エコノミー車両保険の2択でしっかり検討しましょう。

車両盗難の第1の予防策は、確実な施錠です。客先やコンビニの駐車場など、ちょっと車から離れる際にも必ずキーを抜いて施錠しましょう。なおキーを付けたまま無施錠で盗難された場合、保険金支払いが困難になることがあるので、必ず励行して下さい。

トヨタGRスポーツの盗難予防ノウハウについて、次の関連記事もご覧下さい。

あなたの車は何位?盗まれやすい車ランキング | 盗難防止策&装置も紹介

特約

「弁護士費用特約」

もらい事故などの被害事故での賠償請求を弁護士に頼む場合、高額な弁護士費用が最大300万円まで補償される特約です。

「新価特約」

新車登録から一定期間付けることができる特約で、事故による車両損害の修理見積もりが保険価額の50%を超えた場合、新車の買替費用として保険金額を上限に保険金が支払われる特約です。

また、新車で買ったGR SPORTが事故で大破した場合、「新価特約」を付けておけば、大きな事故で修理費が保険金額の50%以上となった場合、新車に買い替えするための費用が車両保険の保険金額を上限に支払われます。(盗難は免責)

86GRとマークX「GR SPORT」の使用目的に合った自動車保険は?

自動車保険は、毎年更新の掛け捨て保険です。

したがって、できるだけ安い保険料で必要な補償を得ることが、賢明な自動車保険選びといえるでしょう。

ひと昔前までは、安いダイレクト自動車保険だと「事故対応に不安がある」などといわれていましたが、現在のダイレクト自動車保険は安いだけにとどまらず、事故対応にも優れています。

しかも、事故対応以外のロードサービスも充実しており、有料会員制のロードサービス「JAF」のサービスに引けを取らない自動車保険も出てきました。

2017年には、警備保障会社の緊急対処員が事故現場に急行するサービスを、老舗のセコム損保と同様の内容で、ソニー損保、イーデザイン損保、セゾン自動車火災「おとなの自動車保険」が提供を開始しました。

このように近年は、ダイレクト自動車保険がサービス向上に積極的です。

これからの自動車保険選びは、代理店や保険会社任せにせず、保険会社のサービスや保険料を自分で比較して、毎年検討することが賢明な方法です。

そこで、自動車保険を比較するときの注目ポイントとして、「車の使用目的と使用状況」に合った保険会社をいくつかの例を紹介します。自動車保険会社選びの参考にして下さい。

40歳を過ぎたら「おとなの自動車保険」が安い!

多くのケースで40歳以上なら「おとなの自動車保険」が安くなります。しかし、補償条件や各種補償も有無なども自動車保険には、とても重要な要素となり、一概に保険料が安いというだけで選ぶわけにいきません。

「おとなの自動車保険」のセゾン自動車火災は、2017年から「ALSOKの事故現場急行サービス」を開始するなど、事故対応サービスが著しく向上しており、安心して任せられるダイレクト損保の一つとしておすすめできます。

近年は、35歳以上の優良顧客を各社取り込むのに躍起になっており、SBI損保をはじめ、アクサダイレクト、三井ダイレクト、イーデザイン損保、チューリッヒ保険なども実力が拮抗しています。

加入時は、契約ごとに保険料見積もりをして比較してみましょう。

セゾンおとなの自動車保険の評判|40代からの保険料は本当に安い?

とにかく保険料が安いダイレクトは?

保険料の安さなら、断然SBI損保です。

しかし、SBI損保は保険料の安さは抜群なのですが、近年の顧客満足度調査では評価が下がっており、損害率の悪化からか保険金支払いにもシビアになってきているようです。

2017年のCSランキングでは、保険料の安さでは高評価を得ながらも、サービスがとても低くバランスの悪い自動車保険になっています。

保険料が安いことは良いことですから否定はしません。しかし選ぶ際は慎重に比較してからにしましょう。

SBI損保自動車保険の評判|安い保険料ランキングNo1の理由!

新車に付けたい新価特約が選べるダイレクト損保は?

新価特約が選べるのは「代理店型自動車保険だけ」という人がいますが、実はダイレクト自動車保険でも販売しています。

取り扱いがあるのは、今回参考で見積もりした「イーデザイン損保」、その他に「ソニー損保」、「セゾン自動車火災」、の計3社にて新価特約を選ぶことができます。もちろん、大手損保3社を含む代理店型自動車保険も多くが取扱っています。

新車に付ける車両保険にはぜひつけておきたい特約です。追加費用もわずかなのでしっかり比較検討しましょう。

法人契約できるダイレクト損保

業務使用の扱いとなるのでダイレクト損保とはいえ、必ずしも安いとはいえませんが、セコム損保ならダイレクトでも法人契約ができます。

法人名義のため、ダイレクト損保の加入をあきらめている人は、セコム損保の見積もりを取って従来の契約と比較検討してみましょう。見積もり請求などが面倒な人は、一括見積比較を利用して法人契約が可能な代理店型損保の見積もりを集め、とことん調べてみるのも一案です。

盗難被害が心配な「GR SPORT」なら?

車両盗難時に位置情報サービスを組み込んだ車の追跡と、緊急対処員による現場急行サービスが提供される「セコム損保」を検討してみましょう。

現場急行サービスは、セコム損保以外でも取り扱いが開始されましたが、「ココセコム」の位置情報装置(別途有料サービス)を搭載した車両が盗難に遭った際、追跡から危険な現場への急行サービスなどに対応しているのは、セコム損保だけです。

セコム損保の車両保険+ココセコムを付けておけば、盗難被害時にも他の損保商品より被害軽減が期待できます。車が出てきたときに被害車両の運搬費用、清掃費用なども補償があります。

盗難被害の多い人気のトヨタ車「GR SPORT」を所有するユーザーに、選択の一つとして一考をおすすめする自動車保険です。

走行距離が多い人はセコム損保に注目!

年間走行距離が多い人には、セコム損保の自動車保険がマッチするかもしれません。

現在、損保各社の自動車保険は、その多くが走行距離に応じたリスク区分が設定され、保険料に反映していますが、セコム損保は2017年末の現在も走行距離のリスク区分を導入していません。

したがって、走行距離が多い人は、セコム損保の方が安くなる可能性があります。年間走行距離が多い人は、保険会社の走行距離区分に注意しながら、他社見積もりを集めてセコム損保と見積もり比較することをおすすめします。

車両保険は自己負担額(免責)を増やして安くする!

今回の見積もりでは、一般車両保険とエコノミー車両保険の2タイプで見積もりしています。高額な車両ゆえのリスクを勘案して、最低でもエコノミー車両保険の付保を検討して下さい。

なお、車両保険の保険料を抑えるには、自己負担額(免責)を上げれば安くできます。事故の際は、自己負担が生じますが保険料負担を軽減できます。

この方法は、ノンフリート等級が進んでいない若年層の高額な保険料を抑えるのに有効な方法です。免責額を上げて小さな損害では、保険を使わず等級ダウンを抑えるようにします。

また、自動車ローンを利用している人は、万一の大事故でローンだけが残るようなことにならぬよう、免責を上げてでも可能な限り一般車両保険を選びましょう。

車両保険の免責額の増減幅は、保険会社によって異なります。契約前に見積もりを集めてしっかり比較検討しましょう。

GR SPORTの保険料が高いと感じたら?

保険料が各社で異なる今、「保険料が高いと感じたら?」他社の見積もりを集めて比較してみましょう。

いくつかの保険会社(特にダイレクト損保)の見積もりを比較すれば、保険料の違いが確実に見えてきます。しかし自分で損保の見積もりを集めるには時間がかかり、同条件での正確な入力作業も難しくなるのも現実です。(1社10分程度)

そこで、損保各社の自動車保険見積もりを集める、「一括見積もりサービス」を利用すれば、5分程度の入力作業で希望する保険会社の見積もりを一度に集めることができます。

「保険料が高い!」と感じたなら「試してみる価値あり」です。
自動車保険見積もり比較の例は、当サイトトップページ「自動車保険14社の一括見積もり比較」をご覧下さい。

保険料見積もりの被保険者と車について

86GR、マークX「GR SPORT」の年齢別保険料は、以下の「項目5」を参考にご覧下さい。また、今回見積もりを行った、被保険者の設定条件、被保険車両の使用目的、年間走行距離など諸条件の詳細は、項目6の「被保険者と補償の基本設定」にてご確認下さい。

トヨタ 86 GRの車両保険と年齢別保険料

「86 GR」の年齢別保険料を「イーデザイン損保」にて試算します。

被保険車両(型式):トヨタ 86 GR(NZ6)
料率クラス:車両:5 対人:3 対物:4 傷害:3
初度登録年月:2018年(平成30年)1月

86GRの年齢別保険料表


(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

【注意】現在、各保険会社のWEB見積もりでは、86GRの車両保険金額を満額で設定することができないので注意してください。見積もりは、保険会社に個別で連絡するか、一括見積もりを利用して正しい保険金額で試算してもらいましょう。

トヨタ マークX「GR SPORT」の車両保険と年齢別保険料

「マークX 250S GR SPORT/350RDS GR SPORT」の年齢別保険料を「イーデザイン損保」にて試算します。

被保険車両(型式):トヨタ マークX 250S GR SPORT(GRX130)
料率クラス:車両:5 対人:3 対物:4 傷害:3

被保険車両(型式):トヨタ マークX 350RDS GR SPORT(GRX133)
料率クラス:車両:5 対人:4 対物:4 傷害:4

初度登録年月:2018年(平成30年)1月

マークX 250S GR SPORT/350RDS GR SPORTの年齢別保険料表

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

被保険者と補償の基本設定

見積もり試算日:2018年2月1日
保険始期日:2018年3月10日

適用ノンフリート等級:
21歳の試算では9等級(-43%)
26歳の試算では14等級(-50%)
30歳の試算では17等級(-53%)
40歳、50歳、60歳、70の試算では20等級(-63%)

前年事故の件数:0件
前年事故あり係数:0年

運転者年齢条件:
21歳は「21歳以上を補償」
26歳は「26歳以上を補償」
30歳、40歳、50歳、60歳、70歳は「30歳以上を補償」

運転者限定:被保険者本人のみ
運転免許証カラー:
21歳、26歳は「ブルー」
30歳、40歳、50歳、60歳、70歳は「ゴールド」

使用目的:日常生活・レジャー
年間走行距離区分:~5,000㎞
居住地(登録地):東京都

対人賠償(基本補償):無制限
対物賠償(基本補償):無制限
人身傷害(基本補償):3000万円(搭乗中のみ補償)
搭乗者傷害:1000万円

一般車両保険:車種ごと個別に設定
(免責:1回目5万円-2回目以降10万円)

特約:
車両無過失事故に関する特約
自動車事故弁護士費用特約(300万円)
対物超過修理費用補償特約(50万円)
他車運転危険補償特約

その他のサービス:
ロードサービスリ
セコム事故現場急行サービス、
提携修理工場サービス、
示談代行サービス、

割引:インターネット、証券不発行、ゴールド免許(該当条件のみ)

保険料試算に際し、設定条件や補償内容の諸条件を可能な限り同じにしておりますが、保険会社によって補償や限定範囲の違いなどがあります。若干の差異については予めご了承下さい。


  関連記事