1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

トヨタ プリウスの年齢別保険料


3091

トヨタ プリウスの保険料と保険会社

今回「イーデザイン損保」にて試算したプリウスの自動車保険は、運転者を32歳の本人限定として、年間保険料で41,570円になりました。

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

今回の保険設計では、30代前半の女性を対象にイメージして設定しています。
見積設定内容の詳細は、下段の「被保険者と補償の基本設定」をご覧ください。

保険会社は、2015年オリコンCSランキングの自動車保険部門において、総合で2位となっている、注目度の高い「イーデザイン損保」を選択しています。

今回のイーデザイン損保の特徴は、なんといっても東京海上グループのダイレクト損保ということで、事故処理サービスに長けている点です。

営業開始は、他のダイレクト系損保と比べて後発となりましたが大変評判が高く、CSランキングトップのソニー損保との差はごくわずかとなっています。

今回の保険料試算の内容は2016年2月現在の見積です。
現在加入中の保険や満期更改時の案内ハガキの内容と比べて参考にしてみてください。

トヨタ プリウスの特徴

haiburi

ハイブリッドカーの代名詞とも言えるプリウスですが、優れたエコ性能はエンジンやインバーターモータだけでなく、車両の各部の軽量化やころがり抵抗の少ないタイヤを使うなど、総合的にエコに向けた設計がなされています。

また、自然環境だけでなく、安全性能を高めたとても配慮に行き届いた車であることも見逃せません。

現行モデルのベースは2009年発売で6年目に入りましたが、その安全性能については、その他のクルマがようやくプリウスと同レベルに達してきたかというところです。

予防安全性能については、ミリ波レーダーを利用して前方車両や障害物を検知して作動する「プリクラッシュセーフティシステム」などがメーカーオプションで装備可能です。

車両の衝突安全性能も高く、2009年当時に同型のプリウスSのNASVAにて行われた衝突安全試験では、運転席助手席共に6+の高評価を獲得しています。

また、対人事故の際に相手のケガの軽減に配慮した「歩行者傷害軽減ボディ」を採用している点も見逃せないところです。

自動車を購入する際に、エコ性能と安全性能に優れているという点は、現代社会では何にもまして重視したいポイントだと考えられます。

プリウスは、自動車保険ではカバーできない実質的なリスクを軽減できる優れたクルマの1つです

トヨタ プリウスに必須の保険とは

po

さて、今回プリウスのプリウスについては、ハイブリッド車のアキレス腱とも言えるハイブリッドシステム全体が、通常の車より修理費用が高く付くという点を重視する必要があります。

プリウスには、EVのみでエンジンを止めて走行するモードなどが装備されており、ハイブリッド車としてモーターを積極使用するシステムとなっています。

その分、小型化が進んでいるとはいえ高額なバッテリーシステムや発電機とモーターを併用するインバーターシステム、エンジンとの併用により2.4Lクラスと同等の走りが可能にするシステム等が高次元でバランスされて搭載されています。

それ故に、大きな事故でハイブリッドシステムが損傷したような場合は、一般車よりも修理費用がかさみ、修理工場も限られてきます。

もちろん、トヨタ純正の専用部品を利用しての修理が前提となるので、そうした点でも万一の際に修理費用の捻出に心配がない車両保険への加入が必須といえるでしょう。

トヨタ プリウスの運転者年齢別の保険料と内容の補足解説

プリウスの保険をかけるときに、家庭内の一番若い人が運転できる内容を試算しました。
運転者限定は家族を対象に広げてあるので、同じ30歳以上でも保険料が少し高くなります。
補償条件は、同じ内容となっておりノンフリート等級などにも変更は加えていません

全年齢の保険料(年払):92,340円
21歳以上補償の保険料(年払):54,430円
26歳以上補償の保険料(年払):46,490円
30歳以上補償の保険料(年払):43,670円

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

ダイレクト型自動車保険の場合、一般車両保険付きでも、年令を問わずに補償する内容でも保険料が10万円以内に抑えることができます。

被保険者と補償の基本設定

車名・通称名/トヨタ プリウス/1800 G
型式:ZVW30
初度登録:平成26年6月

保険会社:イーデザイン損保

等級:14等級(50%割引)
前年事故の件数 0件
前年事故あり係数 0年

運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離区分:3000km超5000km以下
運転者限定:本人のみ
利用地域:東京都

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 205万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

車両全損時諸費用特約
弁護士費用補償特約300万円
対物超過修理費特約 50万円
他車運転危険補償特約

サービス:示談代行、ロードサービス、提携修理工場、メディカルコール他

定額割引: インターネット(10,000円)、早割(500円)、証券e割(500円)、
その他割引: 新車


  関連記事