1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

トヨタ プリウスαの年齢別保険料


3095

トヨタ プリウスαの保険料と保険会社

今回「アメリカンホーム保険」にて試算したプリウスαの保険見積は、運転者本人限定の年間保険料が51,730円です。

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

保険内容のポイントは、万一の際にもハイブリッドシステムの損害にもしっかり対応できる一般車両保険への加入です。

今回の保険契約者は、30代半ばでプリウスαを通勤に利用しているドライバーをイメージして設定しています。その他の年齢別の見積については、「運転者年齢別の保険料」を参考にしてください。

また、設定の詳細にて付いては、「被保険者と補償の基本設定」にてご確認ください。

保険会社は、保険料が安く年齢毎に保険料が設定される、アメリカンホーム保険を選択しています。

保険料試算の内容は2015年2月現在になっているので、現在の保険との比較の参考にしてみてください。なお、加入の検討は一括見積などを利用して、正確な保険料を確認して下さい。

トヨタ プリウスαの特徴

prius

トヨタプリウスαは、海外でも評価の高いプリウスの全長を拡大した、ステーションワゴンバージョンです。

北米や欧州でも人気のボディとなっており、それぞれプリウスV、プリウス+と呼ばれています。基本的には、5グレードあり、5人乗りと7人乗りが設定されています。

今回のチョイスでは、価格もリーズナブルなSグレード7人乗りをチョイスしました。

このグレードでも安全の要となる、予防安全システムのEBD付ABSから、S-VSC、TRCなどが備えられており、横滑りの抑制や緊急時のブレーキコントロールなどが可能になっています。

もちろんフロント座席のエアバッグシステムやムチ打ち傷害軽減フロントシートなども標準装備になっているので大変お得です。

トヨタ プリウスαに必須の保険とは

minaosi

さて、今回プリウスαの自動車保険の見直しでは、実際の衝突損害にてハイブリッドシステムも含めた機能やエクステリアまで確実に修理ができる、一般車両保険で見積もりしています。

最新のハイブリッドシステムやエクステリアは、事故修理において費用がかかってしまうことがウイークポイントになりますが、一般車両保険でカバーしておけば全く問題は有りません。

通勤での利用とのことですから、少し保険料が割高になりますから、そのような場合は年齢別の保険料や限定条件を付けて多少でも費用を抑えるようにしましょう。

通勤で毎日利用しているとのことですから、燃費が良い車ということでプリウスαとなったのでしょう。

今回の見積には算入しませんでしたが、予算がかなうなら「代車費用特約」を付加しておけば、通勤時の足となるレンタカー代も補償してもらえます。

トヨタ プリウスαの運転者年齢別の保険料と内容の補足解説

年齢別の保険料では、本人限定などの条件は変えずに主な運転者を25歳、45歳、55歳について算出しています。
なお、保険会社やノンフリート等級や補償条件は変えずに試算しています。

主な運転者が25歳の場合、保険料(年払):64,550円
主な運転者が45歳の場合、保険料(年払):52,760円
主な運転者が55歳の場合、保険料(年払):57,520円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

アメリカンホーム保険では、主な運転者の年齢を中心に保険料が構成されるため被保険者本人のみの契約だと、かなり保険料が割安になります。

なお、アメリカンホームダイレクトの契約では21歳から77歳までと言う、年齢による加入条件があるので注意してください。
保険加入の場合は、見積をしっかり比較して確認しましょう。

被保険者と補償の基本設定

車名・通称名/トヨタ プリウスα/S
型式: DAA-ZVW41W
初度登録:平成27年1月

保険会社:アメリカンホーム保険

等級:20等級(63%割引)
前年事故の件数 0件
前年事故あり係数 0年

運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:通勤・通学
契約距離区分: 5000km超10000km以下
運転者限定:本人限定
利用地域:東京都

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 280万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

弁護士費用補償特約300万円
対物全損時修理差額費用特約 50万円
他車運転危険補償特約

サービス:示談代行、ロードサービス

定額割引: インターネット(10%)、証券不発行(500円)、ゴールド免許
その他割引:本人限定


  関連記事