1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

トヨタ ヴィッツ・新型ヴィッツの年齢別保険料


3098

トヨタ ヴィッツの保険料と保険会社

今回「ソニー損保」にて試算したヴィッツの保険見積は、運転者を31歳の本人限定として、年払い52,730円になります。
保険内容のポイントは、低価格で車両保険に加入すること。

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

そして、初めてのダイレクト型自動車保険なので、分かりやすい保険会社を選ぶことです。

今回の保険契約者は、30代前半の男性を対象にイメージして設定しています。
見積設定の詳細は、下段の「被保険者と補償の基本設定」をご覧ください。

保険会社は、保険料が安くオリコンCS調査ランキング1位の「ソニー損保」を選択しています。

なお、保険料試算は2015年2月現在の内容です。
加入申し込みの際は、必ず一括見積りなどを利用して、正規の見積もりを取るようにして下さい。

トヨタ ヴィッツの特徴

toyovi2

トヨタ ヴィッツといえば、エコカーの原点とも言えるトヨタが作るコンパクトカーの歴史とリンクしている伝統的な大衆車の一台です。

そのルーツは、大衆車パブリカまでさかのぼることができ、若者に人気を博し四半世紀の時代を築いたスターレットを経て、20世紀の終わりにこのヴィッツにバトンが渡されました。

トヨタでは、小型コンパクトカーのラインナップが豊富でどれをとっても低燃費でスペース効率に優れたクルマですが、そのほとんどの車のプラットフォームになっているのがヴィッツです。
当然、プラットフォームが優れていなければ他のクルマへの流用などできませんから、それだけ基本がしっかりしているクルマと言えるでしょう。

また、ヴィッツには、コンパクトカーの開発能力が高いグループ企業のダイハツの開発した1L3気筒エンジンなど、かつてのベストセラーリッターカーのシャレードからの血脈も息づいています。

現行モデルでは、超高効率の低燃費型アトキンソンサイクルの1.3Lガソリンエンジンが注目されがちですが、今回の保険見積もり対象に選んだのは、1LエンジンのヴィッツFスマートストップパッケージです。
スマートストップでは、1Lエンジンの低燃費をアイドリングストップなどで引き上げ、出力効率など維持しつつ、JC08モードで24.0km/L の数値を記録しています。

ヴィッツはご存知の通り、ヨーロッパにおいてヤリスと言うモデル名で評価されているクルマです。
当然に高剛性なボディーと共にABSを始め、トラクションコントロールと横滑り防止装置などの予防安全装備が標準でおごられています。

今回保険試算したヴィッツの1Lモデル最大の魅力は、その価格と低燃費です。
Fスマートストップパッケージにおいても、減税の対象車となっているので購入価格が更に安くなることでしょう。

予算に少し余裕があるなら、パワフルで省燃費の1.3Lモデルもオススメです。

トヨタ ヴィッツに必須の保険とは

syuumatu

さて、今回ヴィッツの自動車保険の見直しを検討している人は、30代半ばの男性は週末の買い物やドライブなどを楽しむ使い方です。
クルマをスポーティに走らせることには全く興味が無いとのことで、保険については可能な限りコストの安い保険が希望とのことです

そこで、業界でもっとも顧客満足度が高いと言われている「ソニー損保」の自動車保険を試算検討してみました。
ヴィッツに必須となる保険には様々な考えがあると思いますが、コストパフォーマンスに優れたクルマ故に、価格の安さを重視しながらサービス内容を考えて選ぶことが肝要です。

トヨタ ヴィッツの運転者年齢別の保険料と内容の補足解説

年齢別の保険料では、本人限定から家族限定に変更を行い、年齢ごとに試算してみました。

全年齢の保険料(年払):147,220円
21歳以上補償の保険料(年払):83,620円
26歳以上補償の保険料(年払):58,240円
30歳以上補償の保険料(年払):56,580円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

実のところソニー損保の保険料は、ダイレクト型自動車保険において、標準よりも少し高めです。
特に、若年層の保険料が少しシビアな感じがあります。
詳しくは他社との比較を行うようにしてみてください。

新型ヴィッツの特徴と安全対策

2017年1月のマイナーチェンジにより、ヴィッツは待望のハイブリッド車が選べるようになりました。

ハイブリッド車とその他の追加ポイント

新型ヴィッツのハイブリッドでは、クラストップレベルの走行燃費34.4km/Lを実現。コンパクトカークラスの常識を超えた動力性能と超低燃費を両立しています。

マイナーチェンジでは、見えない車体各部にも手が入り、スポット溶接ポイントを増やしボディ剛性の強化が図られています。従来のヴィッツより操縦安定性や乗り心地の向上が実感できることでしょう。

新型ヴィッツの予防安全システム

ヴィッツの予防安全システムは、従来より追加オプションに加えられている「トヨタ セーフティ センスC ( Toyota Safety Sense C)」が、より多くのグレードに標準装備されています。(一部車両はオプション)

ヴィッツの主な予防安全システムは以下のとおりです。

プリクラッシュセーフティシステム(衝突回避支援ブレーキ/対車両)
レーンデパーチャーアラート(車線逸脱警報機能/時速50キロ以上)
ドライブスタートコントロール(急発進抑制機能/前方)

先行車発進告知機能
緊急ブレーキシグナル
ヒルスタートアシストコントロール(坂道発進サポート)

オートマチックハイビーム(ハイ/ロービームの自動切替え)
コンライト(ヘッドランプの自動点灯消灯システム)

VSC&TRC(横滑り抑止システム/トラクション制御システム)
ABS&EBD(アンチロックブレーキシステムと前後左右の制動力制御システム)

プリクラッシュセーフティシステムは、レーザーレーダーと単眼カメラによるセンサーを用いて前方障害物を検知しています。JNCAPによる予防安全性能アセスメントにおいても、評価の高い安全運転支援システムです。

衝突回避支援ブレーキ機能の実力は?

ヴィッツは、既に2015年度JNCAPの予防安全性能アセスメント試験の評価が既に発表されています。

ヴィッツの試験評価を見てみましょう。

ヴィッツは、対車両への衝突被害軽減ブレーキが動作します。2015年の予防安全性能アセスメントにおいて、優れた予防安全システムとして評価されています。

予防安全性能アセスメントより

トヨタヴィッツの予防安全性能の評価は、コンパクトカーの中でも高い結果を残しており、同社のアクアと並び当時もっとも予防安全性能の高いコンパクトカーとして評価されています。

トヨタヴィッツ:45.0/46.0(2015ASV+)
トヨタアクア:45.8/46.0(2015ASV+)

トヨタヴィッツ:被害軽減ブレーキ試験 (対停止車両40km/h)
http://www.nasva.go.jp/mamoru/popup/53luhbjDJMM

トヨタヴィッツ:被害軽減ブレーキ試験 (対低速走行車両60km/h)
http://www.nasva.go.jp/mamoru/popup/lo934q7nIKA

一般道路での走行中を考えると、実用的に十分な性能を発揮しているといえます。安全運転支援システムに頼った運転はいけませんが、万一の際に事故防止や被害軽減が期待できるので安心ですね。

対歩行者も検知動作する被害軽減ブレーキの装備が期待されるところです。

はみ出し警報試験は満点!

車線逸脱を知らせる「はみ出し警報試験」は、8.0/8.0点評価となっており車線逸脱に対しての警報が十分機能しています。

トヨタヴィッツ:車線はみ出し警報試験右逸脱(60km/h)
http://www.nasva.go.jp/mamoru/popup/McBHTaIhrEM

新型ヴィッツは、基本的な予防安全運転支援システムが装備可能になっており、初心者からベテランの高齢者ドライバーまで、安心して使えるコンパクトカーに仕上がっています。

2018年から自動ブレーキ付き車が割引に!

今回のトヨタヴィッツなら、最新の予防安全装置の自動ブレーキを装備している車が全グレードで選べるので、2018年から導入予定の「自動ブレーキ割引」により、保険料が安くなると期待できます。

万一の際、被害を最小限に軽減できる自動ブレーキが装備されていれば、事故を未然に防ぐことが可能になり、保険料の上昇も抑えられます。

軽自動車選びでは、オプション選択で予算がアップしても、最新の衝突回避支援機能を備えた車を選びましょう。

新型ヴィッツに備えておきたい補償は?

コンパクトカーでも自動車保険の補償内容を軽んじて考えることは大変危険です。しっかり検討して安くても良い自動車保険を選びましょう。

基本補償

ヴィッツの自動車保険では、基本補償を次のように付けると良いでしょう。

必須補償の賠償保険は、対人対物ともに「無制限」で加入しましょう。しかし「人身事故はまだしも、そんなに大きな物損事故は無いのでは?」と疑問の声もあるでしょう。

対物賠償「無制限」の補償について、詳しくは次の記事を参考にご覧下さい。

→「対物賠償は無制限に!補償額2000万と無制限の差は約200円!

一般化しつつある「対物:無制限」の補償は、2000万円程度の補償額に抑えても無制限との差は月額で数百円です。等級による違いなども生じますが、賠償保険は万一を考え、最大限で加入しておくと安心です。

事故を起こしてしまったとき、被害者への賠償補償に不足が無いように備えておくことが第1と考えましょう。

搭乗者の補償は、人身傷害保険をセットして加入しましょう。補償の対象は、そのまま運転者本人と家族、友人、知人になるからです。

付ける補償のタイプは、治療費から休業損害までの実損害を確実に補償してくれる、「人身傷害補償」を概ね3000~5000万円の範囲で付保しておくと安心です。

車両保険

車両保険は、一般とエコノミーの2択がオススメです。

今回のヴィッツ ハイブリッドUでは、車両保険価額も215万円前後となり、事故の際にも相応の修理が必要になり大きな被害額が予想されます。

実際、トヨタの衝突安全ボディGOAでは、衝撃を受け止め車内の搭乗者を守るように作られています。

したがって衝突による衝撃は、車体の外骨格がつぶれて分散吸収する構造なので、ダメージは広範囲に及び修理費用が高額になります。

他にも人気のトヨタ車ということもあり盗難のリスクも高く、また水災害などによる被害にも備える必要があります。

そのような災害では、多くが全損となるため被害額が大きくなります。万一に備え、車両保険の付保を検討して下さい。

特約

「弁護士費用特約」
自動車事故で100%の被害者になったとき、残念ながら保険会社は、無過失事故の賠償請求が非弁行為にあたるため交渉対応してくれません。

相手が無保険の場合、自分での賠償交渉は著しく困難になるでしょう。また、自分がケガを負って入院している場合や、最悪のケースで「死亡」していれば交渉どころの話ではありません。

そこで力を借りたいのが弁護士です。被害者や遺族が弁護士に依頼することになりますが、今度はその弁護士費用の負担が問題になります。

「弁護士費用特約」は、上記のような被害事故での賠償請求で弁護士に依頼する際、高額になる弁護士費用を最大300万円まで補償される安心の特約です。

なお、ソニー損保では、自動車事故以外の日常生活における被害事故にも対応できる「弁護士費用特約」のオプションがあります。

「新価特約」
今回のヴィッツのように軽自動車でも高額な車の場合、大きな車両損害に備え「新車買替特約(ソニー損保)」の検討もしましょう。

事故で修理費用見積もりが保険金額の50%以上となった場合、新車に買い替えられる特約です。つまり半損で新車の買い替え費用を補償してくれる、新車に必須の特約です。

この「新価特約」は、ダイレクト損保での取り扱いが少なく、ソニー損保の他に「セゾン自動車火災」、「イーデザイン損保」だけが取り扱っています。

自動車保険は、保険料が掛け捨てです。無駄な補償を付けないよう比較検討し、できるだけ安い自動車保険を選ぶ方が賢明です。

最近は特に、保険料改定が頻繁に行われるので、更新前に見直し比較検討して、より安い自動車保険を選ぶことが最善策といえるでしょう。

新型ヴィッツの年齢別の保険料と解説

年齢別の年間保険料は、年齢を問わず補償(20歳)、21歳以上を補償(21歳)、26歳以上を補償(26歳)、30歳以上を補償(30歳、40歳、50歳、60歳、70歳)について見積もりしました。

20歳/8等級:年齢を問わず補償(運転免許証:グリーン)
一般車両(年払):169,660円
エコノミー車両(年払):120,870円
21歳/9等級:21歳以上を補償(運転免許証:ブルー)
一般車両(年払):90,220円
エコノミー車両(年払):63,470円
26歳/14等級:26歳以上を補償(運転免許証:ブルー)
一般車両(年払):59,440円
エコノミー車両(年払):43,530円
30歳/16等級:30歳以上を補償(運転免許証:ゴールド)
一般車両(年払):43,770円
エコノミー車両(年払):31,800円
40歳/20等級:30歳以上を補償(運転免許証:ゴールド)
一般車両(年払):34,690円
エコノミー車両(年払):25,160円
50歳/20等級:30歳以上を補償(運転免許証:ゴールド)
一般車両(年払):34,420円
エコノミー車両(年払):24,620円
60歳/20等級:30歳以上を補償(運転免許証:ゴールド)
一般車両(年払):36,800円
エコノミー車両(年払):26,340円
70歳/20等級:30歳以上を補償(運転免許証:ゴールド)
一般車両(年払):45,520円
エコノミー車両(年払):32,400円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

保険料が高いと感じたら?

年齢条件別に見ると、ノンフリート等級が進んでいない20歳(8等級)の人は、保険料がかなり高いことがわかります。

一般車両保険は、なんと年間169,660円となっており、ダイレクト自動車保険でも若い人の保険料負担が大きくなっています。「この保険会社は高いかも?」と感じたら、他社の見積もりを集めて比較してみることをオススメします。

自動車保険は、保険会社ごとに保険料にかなりの差があります!

いくつかの保険会社(特にダイレクト損保)の見積もり比較を見れば保険料の差は「一目瞭然」です。ただし、自分で損保各社のWEB見積もりを集めるには時間もかかり、同条件での正確な入力も難しい作業になります。

そこで、損保各社の自動車保険見積もりを集める、「一括見積もりサービス」を利用すれば、5分程度の入力作業で希望する保険会社の見積もりを一度に集めることができます。

保険料が高い!と感じたなら「試してみる価値あり」です。

当サイトのトップページの「自動車保険14社の一括見積もり比較」も参考にご覧下さい。

被保険者と補償の基本設定

車名・通称名/トヨタ ヴィッツ/Fスマートストップパッケージ
型式:KSP130
初度登録:平成26年12月

保険会社:ソニー損保

等級:14等級(50%割引)
前年事故の件数 0件
前年事故あり係数 0年

運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離区分: 5000km以下
運転者限定:本人限定
利用地域:東京都

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 140万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

新車買替特約
弁護士費用補償特約300万円
対物超過修理費特約 50万円
他車運転危険補償特約

サービス:示談代行、ロードサービス他

定額割引: インターネット(8,000円)、早割(500円)、証券e割(500円)
その他割引: 新車、ゴールド免許、本人限定

見積もり試算日:2017年6月25日

被保険車両(型式):トヨタヴィッツ ハイブリッド(NHP130)
グレード:ハイブリッドU
料率クラス:対人:4 対物:4 傷害:4 車両:3
用途・車種:自家用小型乗用車(5・7ナンバー)
初度登録年月:2017年(平成29年)6月

車両保険:215万円(免責1回目5万円、2回目以降10万円)
新車買替特約:215万円
弁護士費用補償特約300万円(自動車+日常事故含む)


  関連記事