1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

トヨタ ハリアーの年齢別保険料


31305

トヨタ ハリアーの保険料と保険会社

国内損保で保険料が高いと感じているハリアーのオーナーにオススメなのが「イーデザイン損保」のような、国内メガ損保系のダイレクト型自動車保険です。

今回試算した総額が300万円を超える高級なSUVも、ダイレクト型の自動車保険なら保険料を抑えることが可能です。
ハリアーの年間保険料は、運転者を39歳の本人限定として、年払い45,120円になります。

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

保険内容のポイントは、一般条件の車両保険などフルカバーされた保険にて設計していますが、それに加えて「新車特約」にて車両保険の補償をさらに厚くしてあることです

今回の保険契約者は、40歳くらいの男性を対象にイメージして試算しましたが、補償や契約条件の詳細は、下段の「被保険者と補償の基本設定」にてご確認ください。

保険会社の「イーデザイン損保」については、保険料は安いが車両保険の新価特約など、従来のダイレクト型損保に無い補償を提供していることを考慮して試算してみました。

この保険料見積は2016年2月現在の内容です。

保険加入の際は、見積もりサイトなどを利用して必ず正しい保険料を元に検討してください。

トヨタ ハリアーの特徴

hari

プレミアムクロスオーバーSUVと言えば、「ハリアー」の名が最初にイメージされる人も多いことでしょう。

1997年のデビュー以来、高い人気が続いている車種です。

2013年に登場した現行モデルは、初代から数えて3代目となりましたが、エンジンのダウンサイジングも施され、パワフルかつ低燃費の2Lモデルとハイブリッドモデルによる構成になりました。

現行モデルにおけるハリアーの安全性能は、世界的に見ても高い水準です。

JNCAPの予防安全性能アセスメントにおける評価試験では、最高ランクの「ASV+」を獲得しており、運転者のドライビングを幅広くサポートし事故を未然に防ぐクルマとなっています。

また、実際の事故において命を守る装置として、フロントシートのデュアルエアバッグを始め、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、ニーエアバッグが標準装備されている点も見逃せないポイントです。

もちろん、歩行者傷害軽減ボディの採用により、歩行者との事故においても被害を最小限に抑えられるように、衝撃吸収効果が高められているので安心です。

トヨタ ハリアーに必須の保険とは

39sai

さて、今回ハリアーの自動車保険の見直しを検討している人は、39歳の男性で週末に買い物やドライブでクルマを利用する人です。

いつも乗っているわけではないので、できるだけ安い保険で車両保険を付けたいと考えています。

「あまり乗らないので保険料を安く上げたい」というのが正直な気持ちだと思います。

しかし、せっかく買ったプレミアムSUVのハリアーですから、万一の場合には確実な補償も期待したいところです。

そこで、保険料が安いダイレクト型自動車保険ですが「新価特約」の設定が可能な「イーデザイン損保」の自動車保険を選択し検討してみました。

新価特約とは、修理費用が新車価格の50%を超える場合、保険金額を限度として新車に買い替えする費用を支払ってくれる特約です。

通常の車両保険では、半損で新車に買い替えすることはできません。新車(登録から25か月以内)の場合に付けられる、とても価値の高い特約です

また、イーデザイン損保は、東京海上グループと言う信用の高いブランドネームも、プレミアムSUVのハリアーにとって、ふさわしい保険会社となるでしょう。

トヨタ ハリアーの運転者年齢別の保険料と内容の補足解説

nenreibetu

年齢別の保険料では、被保険運転者の年齢条件を30歳以上のまま変更せずに家族限定条件として、家庭内の若い人でも乗れるように年齢条件を下げて見積もりしています。

全年齢の保険料(年払):101,400円
21歳以上補償の保険料(年払):59,390円
26歳以上補償の保険料(年払):50,590円
30歳以上補償の保険料(年払):47,440円
ノンフリート等級やゴールド免許などに変更は加えていないので、純新規で加入する人など、自身の状況にあわせた見積を取るようにしましょう。

被保険者と補償の基本設定

車名・通称名/トヨタ ハリアー/エレガンス
型式:ZSU60W
初度登録:平成26年12月

保険会社:イーデザイン損保
等級:14等級(50%割引)
前年事故の件数 0件
前年事故あり係数 0年

運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離区分:3000km超5000km以下
運転者限定:本人のみ
利用地域:東京都

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 325万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

車両新価保険特約
車両全損時諸費用特約
弁護士費用補償特約300万円
対物超過修理費特約 50万円
他車運転危険補償特約

サービス:示談代行、ロードサービス、提携修理工場、メディカルコール他

定額割引: インターネット(10,000円)、早割(500円)、証券e割(500円)、
その他割引: 新車


  関連記事