1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

ホンダ ヴェゼルの年齢別保険料


31910

ホンダ ヴェゼルの保険料と保険会社

2014年、クロスオーバーSUVの人気No.1になった、ホンダヴェゼルの保険料見積を見てみましょう。
ヴェゼルは、若年層の支持もあってか車両料率クラスが平均より少し高い5クラスの保険料になっています。

年間保険料は、運転者を35歳の本人限定とした場合、年払い43,790円になりました。

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

補償の内容では、クルマの性格上スポーティな味付けということもあり、また、同一クラスのクルマよりハイブリッドシステムなどの影響から車両価格が高めということから、車両保険をしっかり付けておくことで試算しています。

保険会社は、安い保険料ながら国内メガ損保が運営するダイレクト型損保として信用が高い「イーデザイン損保」にて見積もりました。

多くのダイレクト型保険を見た中では、サービス品質はトップクラス、保険料は平均より少し低いといった印象です。

実際の保険では、車種ごとに保険料が異なり、また、加入者の年齢条件なども大きく影響します。具体的に検討するときには、先ず正確な見積を取り寄せて比較するようにしましょう。

ホンダ ヴェゼルの特徴

vezel

2014年のクロスオーバーSUVでベストセラーカーとなったホンダヴェゼル。
プラットフォームを共有する3代目フィットとは、見た目以上に大きく違うクルマです。

フィットベースのプレミアムコンパクトSUVと言ったポジションになるのでしょう。
とにかく、「カッコイイ」と言うのが第一印象のクルマで、インテリジェンスを感じるタッチ操作をふんだんに盛り込んだ機能などと相まって、とてもオシャレ感のあるクルマです。

クラスや価格は異なりますが、同一カテゴリーとも言えるプレミアム クロスオーバーSUVとして、2014年のセールスで、ヴェゼルが圧倒的に売れたのもこのかっこよさなのかもしれません。
ハリアーも検討する人なら100万円近く差が出る予算は、ヴェゼルを考慮する人もいたことでしょう。

安全性能も最新のクルマとして、高い性能を発揮しています。
JNCAP(※)における衝突実験では、総合評価183.7点にて最高の5スターを獲得しています。
この高評価は、衝突時の乗員保護性能のみならず、歩行者保護の性能も高得点を得る必要があり、頭部保護の性能評価が最高のレベル5という結果を残しています。

運転者や搭乗者のみならず、歩行者や他のクルマなどへの安全も行き届いたヴェゼルなら、ホンダのハイブリッドシステムによる高性能も余裕の走りによって安全運転につながることでしょう。

ホンダ ヴェゼルに必須の保険とは

vezeru

さて、今回ヴェゼルの自動車保険の見直しを検討している人は、30代半ばの男性で週末郊外に趣味のフィッシングなど、アウトドア・スポーツを楽しむためにヴェゼルを利用します。
無理な運転をしないでエコドライブに徹していますが、もらい事故などによる事故で相手との交渉などのトラブルが面倒でダイレクト自動車保険の事故対応力に不安を感じているそうです。

しかし、今回選んだイーデザイン損保の場合は、事故対応力にも定評のある東京海上グループの事故対応品質を期待できるので心配には及びません。

また、相手が100%過失となる「もらい事故」の場合も弁護士費用特約にて専門的な対応を依頼することが可能です。

ヴェゼルに乗るユーザーなら、保険料とサービス内容のしっかりした保険を選ぶようにしましょう。
なお、新車の場合、万一の際に安心の一般車両保険を付けておくことが最も安心できる選択といえるでしょう。

ホンダ ヴェゼルの運転者年齢別の保険料と内容の補足解説

ヴェゼルの年齢別の保険料は、補償の内容と保険会社を同じ条件にして、家族限定にして最も若い運転者の年齢をそれぞれに設定して試算してあります。
その他の補償条件やノンフリート等級などの設定には変更を加えていません。

全年齢の保険料(年払):98,300円
21歳以上補償の保険料(年払):57,660円
26歳以上補償の保険料(年払):49,140円
30歳以上補償の保険料(年払):46,110円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

さすがに全年齢を対象にした保険料では、10万円近い保険料になりますが、純新規で加入する内容と比べれば格安ですね。

被保険者と補償の基本設定

車名・通称名/ホンダ ヴェゼル/ハイブリッドX
型式:RU3
初度登録:平成26年7月

保険会社:イーデザイン損保

等級:14等級(50%割引)
前年事故の件数 0件
前年事故あり係数 0年

運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離区分:3000km超5000km以下
運転者限定:本人のみ
利用地域:東京都

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 265万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

車両新価特約
車両全損時諸費用特約
弁護士費用補償特約300万円
対物超過修理費特約 50万円
他車運転危険補償特約

サービス:示談代行、ロードサービス、提携修理工場、メディカルコール他

定額割引: インターネット(10,000円)、早割(500円)、証券e割(500円)、
その他割引: 新車


  関連記事