1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

ホンダ フリードの年齢別保険料


3191

ホンダフリードの保険料と保険会社

今回「チューリッヒ保険会社」にて試算したフリードの自動車保険の見積結果は、予想以上に割安な保険となりました。

年間保険料は、運転者を26歳以上の夫婦限定として、年払い45,020円になります。

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

保険内容のポイントは、一般条件の車両保険と搭乗者傷害保険をつけていることです。

今回の保険契約者は、ハイブリッドカーのフリードを毎日通勤利用する人をイメージし設定しています。
見積設定内容の詳細は、下段の「被保険者と補償の基本設定」をご覧ください。

保険会社は、ダイレクト損保の中において保険料がもっとも安い水準にある「チューリッヒ保険会社」を選びました。
今回チューリッヒの安い保険料を生かして「弁護士費用特約」の付保をして、もらい事故への対応も行いました。

なお、保険料試算は2015年2月現在の内容になっています。
更改契約時の見積比較や一括見積のとき、ぜひ参考にしてみてください。

ホンダフリードの特徴

furido

フリードは、デビューの2008年から数えて7年目となる2015年も「ちょうどよいホンダ車」です。

純粋な5ナンバーボディによる取り回しの良さを持ちながら、2台目フィット譲りの高剛性プラットフォームによる、フットワークの良い走りも持ち味になっています。

ベースとなるプラットフォームからも次のフルモデルチェンジも期待されるところですが、クルマのサイズと1.5Lエンジンを中心としながらも、6/7人乗りと5人乗りのミニバン型のステーションワゴンとして、確固たる存在を保っているクルマといえるでしょう。

価格帯からも軽自動車から、ミドルサイズワゴンなどさまざまなクルマとの競合が意識される、若者からヤングファミリーなど幅広い支持層が伺えます。

ホンダフリードに必須の保険とは

hissunohoken

さて、ホンダフリードで保険に入るときは、搭乗者の保険と車両保険をしっかり付保して下さい。
フリードは、コンパクトカーのフィットをベースとしながらも、人や物をより多く運ぶことを目的として作られていますから、とうぜんに運転者以外の搭乗者を乗せる機会も増えるはずです。

搭乗者用の保険では、より実際の損害を補填できる人身傷害補償保険が中心になっていますが、事故によるケガにおいても「部位・症状別」に定額の補償がえられるようにしておけば、より安心です。

特に自損事故で家族(生計を一にする同居の家族など)の誰かがケガをした場合、対人賠償保険が適用にならないので人身傷害+搭乗者傷害が必須の補償内容と言えます。
また、ご友人・知人などの場合も補償の不足が起きないようにする上でも安心です。

車両保険については、さまざまな意見もありますが、先ず購入方法として自動車ローンを利用しているなら残債がある程度減るまでは、車両保険をできれば一般条件にて付保しておきましょう。

万一の事故で、全損となりローンだけが残ったり、分損でも損害が大きかったりした場合、修理費のローンを追加で組むようでは大変です。
そのような状況にならないように予め車両保険に加入しておくことが理想と言えるでしょう。

今回の見積では、保険料を抑えるために小さな損害での車両保険利用がないことを想定して、自己負担となる免責金額を1回目5万円、2回目以降10万円として設定しています。

ホンダフリードの運転者年齢別の保険料と内容の補足解説

以下の保険料では、補償の内容と保険会社を同じにして、運転者の限定条件を「夫婦限定」とし年齢条件を変更して試算しています。

主たる被保険運転者の年齢を40歳以上に設定してあり、ノンフリート等級などに変更はありません。

保険料試算を行った「チューリッヒ保険会社」では、運転者の年齢条件を全年齢から30歳以上まで設定が可能になっています。

全年齢の保険料(年払):132,980円
21歳以上補償の保険料(年払):67,450円
26歳以上補償の保険料(年払):45,020円
30歳以上補償の保険料(年払):41,330円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

この見積は、被保険運転者の年齢を考慮しつつ夫婦限定の範囲内にある「より若い配偶者」の運転も補償できる内容です。

全年齢の場合、保険料が割高となりますが補償内容と照らし、他社と比較して見るとよいでしょう。

被保険者と補償の基本設定

車名・通称名/ホンダ フリード/Gエアロ
型式:DBA-GB3
初度登録:平成26年7月

保険会社: チューリッヒ保険会社

等級:14等級(50%割引)
前年事故の件数 0件
前年事故あり係数 0年

運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離区分:3000km~5000km
運転者限定:夫婦
利用地域:東京都

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷:3000万円(搭乗中のみ)
搭乗者傷害:500万円
車両保険 230万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

ロードサービス、
弁護士費用補償特約300万円
対物超過修理費特約50万円
他車運転危険補償特約

定額割引: インターネット(7,000円)、早期契約(500円)、証券不発行(500円)、
その他割引: ゴールド免許、新車


  関連記事