1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

ホンダ オデッセイの年齢別保険料


3194

ホンダ オデッセイの保険料と保険会社

今回「イーデザイン損保」にて試算したオデッセイ G・エアロパッケージ2WDの保険料は、車両新価保険特約付きの一般車両保険では破格の安さです。

試算では、運転者を32歳の本人限定として、年払い40,500円になりました。

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

今回の保険料試算で見なおしたポイントは、登録間もない新車なので「車両新価保険特約」の追加です。

この、2つの特約により万一の際には、新車への買い替えを容易にすることできるので、損害の大きなクルマを修理して乗り続けなくても良い点に有ります。

詳しくは、下段の必須の保険にて詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、この自動車保険は2016年2月現在の見積と内容です。加入時には、必ず新しく見積もりを取って検討するようにして下さい。

ホンダ オデッセイの特徴

od

現行モデルのオデッセイは、すべての搭乗者に快適な乗り心地を提供するように配慮されているクルマです。

また、今回保険の対象としたオデッセイは、事故を起こしにくい高度な予防安全性能として、EBD付きのABS装置からトラクションコントロールと横滑り抑制システムを標準で備えています。

メーカーオプションにてより高度な安全運転支援システムとして「Honda SENSING」による、衝突抑止システム等の装備が可能です。

この「Honda SENSING」の一つにある衝突軽減ブレーキ(CMBS)は、JNCAPの予防安全性能アセスメントにおける評価試験にて、最高ランクの「ASV+」を獲得しました。

なお、オデッセイは、ホンダの提唱する衝突時の衝撃をコントロールする「G-CON」をさらに進化させて、搭乗者や車両のみならず、歩行者や相手車両への被害も軽減されるように作られています。

基本的な安全性能を高次元で保ちながら、オーナーの希望に合わせて、安全機能をさらに高めることができるオデッセイ G・エアロパッケージは、オデッセイシリーズの中でもベストセラーグレードの1台となっています。

ホンダ オデッセイに必須の保険とは

事故車

オデッセイを新車で購入したとき、ぜひ検討して欲しいのが車両保険に付帯する「車両新価保険特約」です。

この特約のメリットは、車両の修理損害金額が保険価額の50%を超える場合、事故の発生から6か月以内に新しく新車の買い替えを行えば、再購入費用を保険金として支払ってもらえます。

つまり、車体の骨格に及ぶような損害となり、事故車として取り扱われるクルマに乗り続けなくても良いので、新車の場合にぜひ加入しておきたい特約の1つです。

ダイレクト損保は数多く存在し自動車保険を販売していますが、オデッセイにピッタリの車両新価保険特約が付けられるのは、とても限られているのでイーデザイン損保ならではのメリットとしてオススメできる特約です。

また、クルマの性格上、家族や他人を乗せてドライブする機会も多いと思いますので、利用状況を考慮して人身傷害補償の保険金額や搭乗者傷害の追加を検討してみるとよいでしょう。

ホンダ オデッセイの運転者年齢別の保険料と内容の補足解説

年齢ごとの保険料は、家族限定にして家庭内で一番若い運転者の年齢に合わせて試算しています。
基本的な補償内容やノンフリート等級は、基本設定と同じにしてあるので比較も容易です。
同居の子供がクルマの免許をとった時など、まずは年齢条件の引き下げを検討してみてください。

年令を問わず補償の保険料(年払):89,480円
21歳以上補償の保険料(年払):52,880円
26歳以上補償の保険料(年払):45,240円
30歳以上補償の保険料(年払):42,510円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

実際の保険料は、クルマの車種ごとに違うので車検証に記載の型式を元に保険料を試算してみましょう。
正確な金額は、それぞれの条件を合致させて見積を行うようにして下さい。

被保険者と補償の基本設定

車名・通称名/ホンダ オデッセイ/G・エアロパッケージ
型式:RC1
初度登録:平成26年12月

保険会社:イーデザイン損保

等級:14等級(50%割引)
前年事故の件数 0件
前年事故あり係数 0年

運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離区分:3000km超5000km以下
運転者限定:本人のみ
利用地域:東京都

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 345万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

車両新価保険特約
弁護士費用補償特約300万円
対物超過修理費特約 50万円
他車運転危険補償特約

サービス:示談代行、ロードサービス、提携修理工場、メディカルコール他

定額割引: インターネット(10,000円)、早割(500円)、証券e割(500円)、
その他割引: 新車


  関連記事