1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

ホンダ グレイスの年齢別保険料


3193

ホンダ グレイスの保険料と保険会社

今回は、ホンダのハイブリッド専用車グレイスにて保険の見積もりを行いました。
記名被保険者は、25歳の女性ドライバーとした場合、年払いが86,300円になりました。

保険内容のポイントは、少々保険料がかかりますが一般条件の車両保険ともらい事故などによる相手とのトラブルに対応可能な弁護士費用特約を付けて検討しました。

今回の保険契約者は、クルマで通勤をする人なので万一の事故の際に代車費用まで補償してもらえる特約もセットしています。

その他の年齢別見積については、下の「運転者年齢別の保険料」を参考にしてください。
また、設定の詳細にて付いては、「被保険者と補償の基本設定」にてご確認ください。

保険会社は、年齢別区分により保険料が安い「アメリカンホーム保険」を選択しています。

この保険料試算の内容は2015年2月現在の見積です。
保険契約の際には、必ず正規の見積もりを取って検討してください。

ホンダ グレイスの特徴

hongure

ホンダグレイスは、待ちに待ったコンパクトサイズのセダンです。
しかも、力のあるスポーツハイブリッドを搭載した専用モデルです。

見た目は5ナンバーのコンパクトボディですが、室内はアッパーミドルセダンにも匹敵する広々とした空間が広がります。
フィットをベースにアジア向けに作られるシティ4ドアセダンのボディを拝借して、ハイブリッド化した日本市場向けのモデルです。

気になる燃費と安全性能ですが、スポーツハイブリッドでありながらJC08モードで34.4km/Lを記録しました。
また、安全装備は、デュアルエアバッグに横滑り抑止からトラクションコントロールシステム、EBD付きABSなど、予防安全にも抜かりありません。

もちろん、オプションでサイドカーテンエアバッグや低速時における衝突軽減ブレーキ、誤発進抑制機能などの運転支援システムも選ぶことが可能です。

クルマはコンパクトかつ、取り回しがしやすいサイズです。
毎日の通勤にも安心して利用できるクルマです。

ホンダ グレイスに必須の保険とは

hissu

さて、今回はグレイスの自動車保険を検討してみましょう。

基本として、対人対物賠償保険は無制限での加入がオススメです。
また、搭乗者ですが万一の際に運転者も含めて、それぞれの入院費用や治療費の実損を補償してくれる人身傷害を付けておけば安心です。

なお、新車ということと通勤に利用するクルマということで万一の際、確実にバックアップされるように一般車両保険+代車費用特約がオススメ内容になります。
又、もらい事故への対応のために弁護士費用特約もセットしておきましょう。

保険料がどうしても高いと感じる場合は、車両保険の免責金額を引き上げる、それでもダメならエコノミー車両保険にするとよいでしょう。

ホンダ グレイスの運転者年齢別の保険料と内容の補足解説

年齢別の保険料では、補償条件は同じにして、主な運転者を30歳、40歳、50歳について計算しました。

主な運転者が30歳の場合、保険料(年払):84,510円
主な運転者が40歳の場合、保険料(年払):87,070円
主な運転者が50歳の場合、保険料(年払):89,450円

アメリカンホーム保険では、主な運転者の年齢を中心に保険料が構成されるため被保険者本人のみの契約では、かなり保険料が割安になります。

正確な保険料を求める場合、限定条件を合わせてしっかりと比較検討しましょう。

なお、アメリカンホームダイレクトの契約では21歳から77歳までと言う、年齢による加入条件があるので注意してください。

被保険者と補償の基本設定

車名・通称名/ホンダ グレイス/ハイブリッドLX
型式: DAA-GM4
初度登録:平成26年6月

保険会社:アメリカンホーム保険

等級:14等級(50%割引)
前年事故の件数 0件
前年事故あり係数 0年

運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離区分: 5000km超~10000km以下
運転者限定:本人限定
利用地域:東京都

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 255万円(一般ワイド条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

代車提供費用特約 日額5000円
弁護士費用補償特約300万円
対物全損時修理差額費用特約 50万円
他車運転危険補償特約

サービス:示談代行、ロードサービス

定額割引: インターネット(10%)、証券不発行(500円)
その他割引:本人限定


  関連記事