1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

スバル インプレッサスポーツの年齢別保険料


3196

スバル インプレッサスポーツの保険料と保険会社

今回試算したインプレッサスポーツの保険見積は、ダイレクト損保でも優れた事故対応力を特徴とする「イーデザイン損保」にて試算しました。

年間保険料は、運転者を33歳の本人限定とした場合、年払い37,520円になります。

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

見なおしのポイントは、自動車ローンを利用して購入する人に必ずつけて欲しい、一般条件の車両保険を安く加入できるように配慮しています。

今回の保険契約者は、30代前半の男性を対象に設定していますので、30歳以上の人で同一クラスのクルマなら、同じくらいの保険料で収まります。
見積設定内容の詳細は、下段の「被保険者と補償の基本設定」をご覧ください。

保険会社は、事故対応力の評価が高い東京海上グループの「イーデザイン損保」を選択しています。
今回のイーデザイン損保の保険では、車両保険を一般としましたが免責金額をわずかに調整して保険料を抑えました。

この保険料試算の内容は2015年2月現在の見積です。
現在の保険との比較や代理店型自動車保険との比較として利用してみてください。

スバル インプレッサスポーツの特徴

今回保険の見なおし対象としたインプレッサスポーツ2.0i Eye Sight は、優れた予防安全性能を持つ事故を起こしにくいクルマとしても人気があります。

このクルマに搭載されているスバル独自の安全運転サポートシステム「アイサイトVer.3」は、NASVAの「予防安全性能アセスメント」評価試験において満点となる40点の最高ポイントを獲得している数少ないクルマの1台です。

インプレッサスポーツには、低重心で回転バランスの良い水平対向エンジンや航空機技術の粋を集めた高い車体剛性により、インプレッサの操作性を高めています。
スバルレオーネの頃から熟成を極めた4WDシステムと水平対向エンジンの組み合わせは、海外において特別なクルマとして高い人気を保っています。

インプレッサから派生したWRXなどの高性能モデルも魅力的ですが、高い運動性能や扱いやすいスポーティーなインプレッサなら、ベストバランスのインプレッサスポーツ2.0iがオススメですね。

スバル インプレッサスポーツに必須の保険とは

さて、今回インプレッサスポーツの自動車保険の見直しを検討している人は、30代半ばの男性で週末にドライブを楽しむドライバーです。
スバル車を選ぶ1つの理由として、そのスポーツ走行性能時の気持ちよさもあるので、ちょっと気持ちよく走り過ぎるということも、なきにしもあらず、と言ったところでしょう。

また、購入も自動車ローンを利用しているので一般車両保険は必須の条件になりますね。

そこで、「事故対応力」国内トップクラスの東京海上グループのサービスが期待できて、かつ保険料が安く済む、ダイレクト損保の「イーデザイン損保」にて検討してみました。

今回の設定は、ノンフリート14等級で50%割引の保険料です。
20等級の人なら、さらに1万円近く保険料を安くすることも可能です。

運転者年齢別の保険料と内容の補足解説

年齢別の保険料では、補償の内容と保険会社を同じ条件にして試算しています。
主たる被保険運転者の年齢を30歳以上のままで、家族限定にして家庭内で最も若い人が運転できるように設定しました。

家庭内の最も若い運転者の年齢だけが変わるようにしてありますが、ノンフリート等級などに変更は加えていません。

全年齢の保険料(年払):82,130円
21歳以上補償の保険料(年払):48,810円
26歳以上補償の保険料(年払):41,820円
30歳以上補償の保険料(年払):39,340円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

さすがに全年齢が対象となると保険料も倍以上となりますが、それでも10万年を超えずに見積もることができました。

子供が免許をとってクルマを共有するときには、このようなカタチで付保すると全年齢の保険料も抑えることが可能です。
実際に保険加入する際には、一括見積もりサイトなどを利用して限定条件を合わせて見積を取るようにしましょう。

各社保険料の違いもあるので、しっかりと比較して見ることをお勧めします。

被保険者と補償の基本設定

車名・通称名/スバル インプレッサスポーツ/2.0i Eye Sight AWD
型式: GP7
初度登録:平成26年7月

保険会社:イーデザイン損保

等級:14等級(50%割引)
前年事故の件数 0件
前年事故あり係数 0年

運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離区分:3000km超5000km以下
運転者限定:本人のみ
利用地域:東京都

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 210万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

車両全損時諸費用特約
弁護士費用補償特約300万円
対物超過修理費特約 50万円
他車運転危険補償特約

サービス:示談代行、ロードサービス、提携修理工場、メディカルコール他

定額割引: インターネット(10,000円)、早割(500円)、証券e割(500円)、
その他割引: 新車


  関連記事