1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

スバル レヴォーグの年齢別保険料


3197

スバルレヴォーグの保険料と保険会社

今回「チューリッヒ保険会社」にて試算したレヴォーグ1.6GTの保険見積は、総支払い額300万円を超えるような上級車両でも保険料を抑えることが可能です。

年間保険料は、運転者を30歳以上の夫婦限定として、年払い50,250円になります。

保険内容のポイントは、もちろん一般条件の車両保険と対物賠償超過特約など相手のある事故でトラブルが起きないように配慮している点です。

今回の保険契約者は、40代中盤のスバリスト(スバル車のファン)を対象にイメージし設定しています。見積設定内容の詳細は、下段の「被保険者と補償の基本設定」をご覧ください。

保険会社は、保険料が安く独自の保障内容が充実した「チューリッヒ保険会社」を選択しています。

今回のチューリッヒの保険では、万一の対物賠償事故で相手のクルマの補償内容でトラブルにならないよう、「対物賠償超過特約 無制限」としたところです。

併せて車両保険の免責も相手が確認できる事故の際は、免責がゼロになる特約も付けてあるので、万一の際は、保険会社に示談などを完全に任せることができます。

この保険料試算の内容は2016年2月現在の見積です。現在の保険との比較や一括見積のベンチマークとして利用してみてください。

スバルレヴォーグの特徴

revogu

大きくなりすぎてしまったレガシィとインプレッサではサイズ的に物足りないと言う、初代からのレガシィファンに歓迎を受けたレヴォーグは、日本のスバリストに向けた特別なステーションワゴンです。

私自身もそうですが、デザインに無理がなく何の違和感もなく受け入れることができる、癖のないクルマです。

今回保険の対象としたレヴォーグ1.6GTアイサイトは、事故を起こしにくい「優れた予防安全性能」を持つクルマです。

スバルが搭載する運転支援システム「アイサイトVer.3」は、素晴らしい安全性能を実現しており、NASVAの「予防安全性能アセスメント」評価試験において最高となる、40点満点を獲得しています。

操縦性も高いレヴォーグの基本性能と相まって、国産車中もっとも安全なクルマの1つとなっています。

エコカーとしてもヨーロッパ市場を見据えた、ダウンサイジング直噴ターボの1.6Lエンジンを搭載し2.5Lクラスのエンジンと同性能を誇りながらも、JC08モード17.4km/Lと言う高燃費を実現しています。

確かに300馬力の2Lモデルも魅力ですが、エコカーとして成功している点、また、安全性能や価格などのバランスも考慮すれば、1.6GTアイサイトがベスト・バイではないかと考えます。

スバルレヴォーグに必須の保険とは

40dai

さて、今回レヴォーグの自動車保険の見直しを検討している人は、40代半ばの男性で月に数回ドライブを楽しむ程度の人です。

あまり車に乗りませんのでゴールド免許ですが、事故の時に相手とのトラブルが一番面倒と考えています。

しかし、あまりクルマには乗りませんから「通販の自動車保険で安く上げたい」というのが本音です。

そこで、業界で唯一「対物賠償超過特約 無制限」の設定ができるチューリッヒの自動車保険を検討してみました。

今回の設定は、ノンフリート14等級で50%割引の保険料ですから20等級の人なであれば、さらに1万円くらい保険料が安くすることができます。

スバルレヴォーグの運転者年齢別の保険料と内容の補足解説

nerneihoken

年齢別の保険料では、補償の内容と保険会社を同じ条件にして試算しています。

主たる被保険運転者の年齢を40歳以上に設定して、配偶者の年齢だけが変わるようにしました。もちろん、ノンフリート等級などに変更は加えていません。

全年齢の保険料(年払):170,610円
21歳以上補償の保険料(年払):87,440円
26歳以上補償の保険料(年払):54,850円
30歳以上補償の保険料(年払):50,250円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

さすがに全年齢が対象の配偶者というのは、少ないと思いますが家族限定にして、子供が運転をするケースなどの参考値に近くなります。

正確な金額は、限定条件を合致させて見積を行うようにして下さい。

なお、全年齢の場合、他社の保険料との違いもあるので比較して見ることをお勧めします。

被保険者と補償の基本設定

車名・通称名/スバル レヴォーグ/1.6GT EyeSight(アイサイト)
型式:DBA-VM4
初度登録:平成26年12月

保険会社:チューリッヒ保険会社
等級:14等級(50%割引)
前年事故の件数 0件
前年事故あり係数 0年

運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離区分:~3000km未満
運転者限定:夫婦
利用地域:東京都

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷:3000万円(搭乗中のみ)
搭乗者傷害:500万円
車両保険 310万円(一般条件/免責1回目5(0)万円、2回目以降10万円)

車対車免責ゼロ特約
ロードサービス、
弁護士費用補償特約300万円
対物超過修理費特約 無制限(※)
他車運転危険補償特約
(※2015年2月現在 チューリッヒのみ)

定額割引: インターネット(10,000円)、早期契約(500円)、証券不発行(500円)、
その他割引: ゴールド免許、新車


  関連記事