1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

スバル フォレスターの年齢別保険料


3198

スバル フォレスターの保険料と保険会社

今回「アメリカンホーム保険」にて試算したフォレスターの保険見積は、50歳の運転者本人限定の内容で年間保険料、41,190円です。

保険内容のポイントは、一般条件の車両保険に加入しながら現在の国内損保でかけている保険料を安くすることです。

今回の保険契約者は、50代前後の男性ドライバーをイメージして試算していますが、その他の年齢別の見積については、「運転者年齢別の保険料」をご覧ください。

また、設定の詳細は「被保険者と補償の基本設定」にて確認できます。

保険会社は、各年齢別に区分されるので合理的な保険料になる「アメリカンホーム保険」を選択しています。
今回のアメリカンホーム保険では、インターネットから申し込みすれば、さらに10%の割引があるので大変お得な保険料になります。

この試算結果は2016年2月現在の内容です。
保険を入れ替える際に参考にしてみてください。

スバル フォレスターの特徴

AWDを始めとする、走行安定性の優れたスバルフォレスターは、同一クラスのみならず世界中のクルマとの比較でもトップクラスの安全性能を持ったクロスオーバーSUVです。

予防安全システムとしてスバルが全車に展開している運転支援システム「EyeSight」は、2014年に行われたJNCAPの予防安全アセスメント試験にて、40点満点中39.9ポイントと言う高得点を獲得しました。

実際の衝突安全試験においては、きわどいところで4スターの結果でした。

しかしフルラップ正面衝突などが試験速度より高ければ、他車ではエンジンと補機類が車室内を押してめり込むところです。

どの点、スバルの水平対向エンジンなら、車体のフロア下にもぐり込み搭乗者を押しつぶすことはなく、総合的には乗員にダメージが少ないクルマです。

水平対向エンジンだからこそ可能なAWDによる左右対称のバランスがとれた重量配分と超低重心により、常に安定したロードホールディングも可能になっています。

このレイアウトにより、著しく高い操縦性が実現し他の予防安全サポートシステムと相まって、異次元の安全性能を得ることができる、世界的にも安全なクルマの1台です。

乗り心地や燃費などのバランスも踏まえて、今回は「スバル フォレスター2.0i-L EyeSight」を、保険見積もりの設定とし、オススメの一台としてご案内します。

スバル フォレスターに必須の保険とは

スバルフォレスターは、走行安定性、安全性能を始めとして全方位弱点なしといえるクルマです。

しかし、それゆえのアキレス腱がフォレスターを支える高性能を実現する、水平対向エンジンを始め、トランスミッションからの動力伝達装置などの特別な部品が、事故の際に総合的に損傷を受けることです。

特に、スバルフォレスターでは、前方から衝突の際には、低いポジションでセンターに置かれたエンジンとトランスミッションが車体の下部に滑り落ちるように力を分散させて潰れます。
つまり、エンジンやミッションが車室内にめり込まない優れた構造になっているわけです。

それ故に、修理費用は確実にかかります。
特に、AWD機構のクルマでは、エンジン・トランスミッション以外のデファレンシャルからそれぞれ各車輪にもセンサーや制御機能が組まれるので、足回りひとつとっても高額な費用がかかります。

そこで、しっかり付帯しておきたいのが一般車両保険というわけです。
万一の際に、しっかりした修理ができるように車両保険で備えておきましょう。

スバル フォレスターの運転者年齢別の保険料と内容の補足解説

年齢別の保険料は、運転者の限定条件は同じにして21歳、30歳、40歳について試算しました。
補償並びに、保険会社やノンフリート等級についての変更は行っていません。

主な運転者が21歳の場合、保険料(年払):74,180円
主な運転者が30歳の場合、保険料(年払):37,480円
主な運転者が40歳の場合、保険料(年払):37,840円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

被保険者と補償の基本設定

車名・通称名/スバル フォレスター/2.0i-L EyeSight
型式:DBA-SJ5
初度登録:平成27年1月

保険会社:アメリカンホーム保険

等級:20等級(63%割引)
前年事故の件数 0件
前年事故あり係数 0年

運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離区分: なし
運転者限定:夫婦限定
利用地域:東京都

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 280万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

弁護士費用補償特約300万円
対物全損時修理差額費用特約 50万円
他車運転危険補償特約

サービス:示談代行、ロードサービス

定額割引: インターネット(10%)、証券不発行(500円)、
その他割引: 新車、本人限定


  関連記事