1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

スバル BRZの年齢別保険料


3199

スバル BRZの保険料と保険会社

今回試算したBRZの保険は、スポーツカーモデルの保険料は高い、と言われるので車両保険を避ける人もいますが、一般の2Lクラスに比べてそれほど大きな差がありません。

今回の年間保険料試算は、運転者を31歳の本人限定として、年払い46,200円になりました。

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

もちろん、一般車両保険を付けてあるので万一の自損事故にも対応が可能です。

保険会社は、保険料が安く車両保険も安く加入できる「SBI損保」を選択しました。

今回の保険契約者は、30代前半の男性を対象にイメージして設定していますが、SBI損保の場合は、26歳以上の保険料が比較的安いのでオススメです。

設定の詳細は、下記の「被保険者と補償の基本設定」にて確認してください。

この保険料試算は2016年2月現在の内容です。他社との保険比較やご自身の現状と照らして検討してみてください。

スバル BRZの特徴

bzr

BRZは、トヨタ86との姉妹車にあたり、研究開発はトヨタ、スバルの両社で行われています。

つまり、多くのスポーツモデルを世に送り出している両社のノウハウをいいとこ取りしたようなクルマになっています。

保険に関わる安全性も高く、最新の車体構造により、歩行者や相手車両に対する衝撃緩和にも優れているので、対人料率クラス3となっており、保険料が高くならない理由のひとつです。

また、懸念される車両料率クラスについては、5クラスと2Lクラス並みでプリウスと同じです。

つまり、車両保険は特段に高いわけでは無いのです。

また、BRZには、運転席助手席のエアバッグの他、サイドエアバッグとカーテンエアバッグが標準化されており万一値の場合でも搭乗者を高次元で守ってくれます。

もちろん予防安全システムとして、VSC(スバルではVDC)が標準装備ですから、高次元の運動性能を持つスポーツカーならではの安全性があります。

昔の話になりますが、最も安全なクルマとして「走る・曲がる・止まる」の3要素に優れたクルマが最も事故を避ける能力があると言われ、その代名詞として「ポルシェ」の名が挙げられました。

究極の水平対向エンジンリヤドライブのクルマとして「BRZ」は、その名に恥じない高性能と安全性を高次元でバランスさせるクルマです。

スバル BRZに必須の保険とは

syuumatudoraibu

さて、今回BRZの自動車保険を検討している人は、31歳の男性で週末のドライブを楽しんでいます。

自動車保険をかける上では、ハイブリッドカープリウスと同じ条件ということを考慮すれば、車両保険にかける予算にも無理がないと考えることができます。

先の話の通り、BRZ車体は3ゾーンマネジメントにより、万一の際フロントとリヤの部分をクラッシャブルゾーンとして、キャビンの中をシェル構造で保護し搭乗者を守ります。

その安全性は、スバルの持つ車体構造のノウハウが大きく生かされているので、世界でもトップクラスといえるでしょう。

しかし、それ故に事故に遭遇すれば、外殻部分で衝撃を受け止めるため、大きな変形を負うこととなり、修理費用はそれなりに高額となります。

また、BRZゆえの専用の高品質部品も多いため、パーツコストも跳ね上がります。そうした理由からも、車両保険が必須の補償と言えるでしょう。

スバル BRZの運転者年齢別の保険料と内容の補足解説

nenreibetuhoken

年齢別の保険料では、補償内容と保険会社を同じにして試算しました。

全年齢の保険料(年払):127,480円
21歳以上補償の保険料(年払):72,500円
26歳以上補償の保険料(年払):49,740円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

SBI損保では、家族限定の場合、別居の未婚の子に関して年齢条件を問わず補償されるのが大きな特徴です。

例えば、お盆や年末年始に帰郷する子供が実家のクルマを運転する様な場合、家族限定で30歳位以上にしていてもSBI損保の自動車保険なら、年齢条件の追加などを行わなくても自動的に補償されます。

SBI損保では、走行距離区分がないことと年齢区分が全年齢、21歳以上、26歳以上の3段階なので、30歳前でも保険料が安くなります。

継続契約前に、必ず比較検討してみましょう。

被保険者と補償の基本設定

車名・通称名/スバル BRZ/R 6MT
型式:DBA-ZC6
初度登録:平成26年12月

保険会社:SBI損保
等級:14等級(50%割引)
前年事故の件数 0件
前年事故あり係数 0年

運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離区分: なし
運転者限定:本人限定
利用地域:東京都

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 260万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

弁護士費用補償特約300万円
対物差額修理費用補償特約 50万円
他車運転危険補償特約

サービス:示談代行、ロードサービス他
定額割引: インターネット(5,500円)、証券不発行(500円)、
その他割引: 新車(約9%)、本人限定


  関連記事