1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

日産 ノートの年齢別保険料


3252

日産 ノートの保険料例

車名(通称名):日産 ノート
型式:E12
初度登録:平成27年1月
車両保険価額:175万円

今回試算した日産 ノートの保険加入者は、被保険者が45歳の契約者とその配偶者です。
年間保険料は、一般車両保険を付けて35,770円となりました。

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

日産ノートは、日産を代表するマルチパーパスビークルです。
日常の買い物などに使う人から、通勤通学、そしてメインのレジャービークルとして利用する人もいるでしょう。

使う場面が様々ですから、掛ける保険の補償内容や保険会社によって、保険料も大きく違ってきます。
満期更改契約の際、また、新規加入時には、よく検討して選びましょう。

損保会社を選ぶ理由

保険会社:セゾンおとなの自動車保険

保険会社は、文字どおり40代50代のおとなの人の保険料が安い「セゾンおとなの自動車保険」を選びました。
セゾンおとなの自動車保険は、年配者の保険料が安いばかりでなく、その同居の子供をも補償する場合の保険料も安くなります。
もちろん、事故対応についても国内大手の「損保ジャパン日本興亜グループ」の事故対応品質を期待できるので安心です。

セゾンおとなの自動車保険では、車両保険に「車両無過失事故に関する特約」が自動付帯されます。
この特約は、万一のもらい事故による損害で相手100%過失という状況であれば、車両保険を使い修理をしてもノーカウント扱いとなります。
つまり、翌年の保険で等級ダウンすることはありません。

保険料試算の内容は2016年2月現在の内容です。
保険加入を見直す際は、最新の見積を取り寄せて比較検討しましょう。

日産ノートに加入する保険で重視するポイントは?

note

・補償内容
日産ノートで加入する保険には、先ず対人・対物の賠償保険を「無制限」として付保しています。
また、最大値を知る上で一般条件の車両保険をつけて算出してみました。
車両保険では、小損害で利用しない前提を加味して5万円の免責、そして、車庫とその他の駐車や行動範囲を考慮して、「盗難」と「車庫内の水災」を担保しないようにして、わずかですが保険料を抑えています。

しかし、事故の相手とのトラブルを軽減するために「対物全損時修理差額特約」、「弁護士特約」を追加でセットしてあります。

・保険会社
今回のおとなの自動車保険は、40代以降の保険料が格段に安くなるので一般車両保険付きで見積もりしています。

参考ですが「車両保険なし」では、21,880円で契約が可能です。

この「車両保険なし」の契約でも、ロードアシスタンスサービス、弁護士特約、対物全損時修理差額特約、を対物事故トラブル防止の為に付帯しています。

しかし、セゾンおとなの自動車保険では、この3つ特約さえも外すことが可能です。
オススメはしませんが「おとなの自動車保険」をその気ですれば、今回の契約者の条件では、18,790円まで抑えることもできます。

日産ノートの運転者年齢別の保険料について

年齢別の保険料は、記名被保険者を該当年齢にて試算しました。

25歳夫婦を補償する保険料(年払い):55,350円
35歳以上を補償する保険料(年払い):39,250円
55歳以上を補償する保険料(年払い):35,170円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

見積は、基本設定と同様に「セゾンおとなの自動車保険」にて算出しています。

ご覧の保険料は、あくまでも参考としての一例なので他社との比較も必要です。
それは、保険料と補償内容が損保各社によって大きく違うからです。
違いを知らずに契約したのでは、万一の際に使えない保険になってしまうこともあります。
そこで、損保各社の試算を一度にできる、一括見積サイトを利用すると便利で安心です。

被保険者と補償条件の基本設定

・被保険者の設定とリスク細分
主な記名被保険者の年齢:45歳

運転者年齢条件:45歳以上補償
運転免許証カラー:ゴールド
使用目的(3区分):日常・レジャー
契約距離(4区分):~5000km以下
運転者限定:運転者本人+配偶者限定(別居の未婚の子補償あり)
利用地域:東京都
ノンフリート等級:20等級(63%割引)

・基本補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 175万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

・任意選択の特約設定
車両新価特約:175万円
弁護士特約:300万円
対物全損時修理差額特約:50万円
ロードアシスタンス特約
車両保険の特定不担保範囲(盗難・自宅車庫内水災)

・自動付帯する特約
車両無過失事故特約
他車運転危険補償特約
自損事故傷害特約
無保険者事故傷害特約

・各種割引
インターネット
証券不発行
ゴールド免許
新車


  関連記事