1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

マツダ アクセラの年齢別保険料


33101

マツダ アクセラハイブリッドの保険料例

車名(通称名):マツダ アクセラハイブリッド
型式:BYEFP
初度登録:平成27年1月
車両保険価額:280万円

今回試算したマツダ アクセラハイブリッドの保険加入者は、被保険者が40歳の契約者とその配偶者です。
ノンフリート等級割引では、最高の20等級により、年間保険料は42,150円となりました。

クルマがマツダ アクセラハイブリッドということですから、もっとも安全運転に徹したドライバーではないかと思います。

最新モデルということもあり、予防安全性能も含めて高いレベルの装備が標準になっています。
運転席助手席のエアバッグはもちろんですが、サイドエアバッグまで標準装備です。
また、ABSを始め、DSCと呼ばれる、横滑り防止機能やトラクションコントロールも装備済みですから、事故が起こる確率はとても低いクルマです。

損保会社を選ぶ理由

secomhoken

保険会社:セコム損保

保険会社は、独自の緊急対処員による現場急行サービスが安心の「セコム損保」を選びました。
現場急行サービスやロードサービスの充実からもわかる通り、事故対応力がとても高く、万一の場合にも安心です。

実際の交通事故においては、ほとんど事故の経験がない人がほとんどですから、大変不安になります。
相手が負傷している場合や感情的になっているときなどは、とても怖くなってしまう人もいることでしょう。

そんな時に、この現場急行サービスがとても心強いサポートになることでしょう。
保険料は、同等でも事故発生時に緊急で現場対応してもらえるのは、セコムだけのサービスと言えます。
事故発生時の不安を感じるなら、セコム損保がオススメです。

保険料試算の内容は2015年2月現在の内容です。
保険加入を見直す際は、最新の見積を取り寄せて比較検討しましょう。

アクセラハイブリッドに加入する保険で重視するポイントは?

akusera

アクセラハイブリッドにおいて、補償で気をつけたいのは、車両保険です。
車両保険は高いイメージですが、実際事故が起きたとき、修理費のかさむハイブリッド車において車両保険は必須の補償といえるでしょう。

また、一般車両保険に伴い、もらい事故の発生時に100%無過失でその相手が分かる場合は、「車両無過失事故特約」によって、翌年も等級ダウンすることなく車両保険が使えます。

また、対人・対物賠償保険は、無制限としておき最悪のケースでも確実な補償できるように準備しておきましょう。
また、衝突安全に配慮されたアクセラハイブリッドですが、それでも最低限人身傷害保険で、治療費などに不足がないように付保してあるのもポイントになるでしょう。

アクセラハイブリッドの運転者年齢別の保険料について

年齢別の保険料は、以下のとおりです。

21歳以上を補償する保険料(年払い):74,360円
26歳以上を補償する保険料(年払い):47,530円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

見積は、基本設定と同様に「セコム損保」にて算出しています。

年齢別の保険の補償内容は、基本設定と同様にしてあります。
なお、条件を揃えるため、すべて20等級で試算しているため、現実的でない保険料とも言えます。

家族間での保険譲渡などにより割引が進んだ保険で掛けることができる場合、親と共用する場合などを想定してみてください。

被保険者と補償条件の基本設定

・被保険者の設定とリスク細分
主な記名被保険者の年齢:40歳

運転者年齢条件:35歳以上補償
運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離区分:なし
運転者限定:運転者本人限定
利用地域:東京都
ノンフリート等級:20等級(63%割引)

・基本補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 280万円(一般条件、免責0万円)

・任意選択の特約設定
弁護士費用補償特約:300万円

・自動付帯する主な特約
他車運転危険補償特約
対物超過修理費用特約:50万円
車両無過失事故特約

・各種割引
高齢運転者対象外
インターネット
証券不発行
ゴールド免許
新車


  関連記事