1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

マツダ アテンザセダンの年齢別保険料


33110

マツダ アテンザ セダンの保険料例

車名(通称名):アテンザ セダンXDプロアクティブ
型式:GJ2FP
初度登録:平成27年1月
車両保険価額:345万円

今回試算したアテンザXDプロアクティブの保険加入者は、40歳の被保険者本人のみの契約です。
ノンフリート割引が14等級の年間保険料は、64,230円となりました。

マツダ アテンザのXDプロアクティブは、トルクフルなディーゼルエンジンの軽快な走りが特徴のセダンですね。
マツダの上位モデルになら、このモデルでも予防安全装備のDSCを中心にABS、TCSなどはすべて標準ですので、さまざまな路面状況においてベストなスタビリティを発揮してくれます。
マツダの横滑り防止機構DSCは、絶妙なバランスで多くの専門家からも高い評価を集めています。

現行モデルのアテンザは、2013-2014のRJCカーオブザイヤーを取ったクルマですから、総合的なバランスでも評価が高く、海外ではマツダ6としてミドルセダンのスタンダードの1台とされています。

損保会社を選ぶ理由

保険会社:アメリカンホーム保険

保険会社は、ダイレクト型自動車保険の草分け「アメリカンホーム保険」を選びました。
アメリカンホーム保険は、通販の自動車保険の老舗ですから、保険商品のわかりやすさと、契約時や事故発生時に電話による対応力に優れています。

当然、豊富な実績による事故対応力にも優れており、ダイレクト型損保においてトップクラスの品質を誇っています。

アメリカンホーム保険では、リスク細分において他社にはない年齢別の保険料を採用しています。
このことにより、最も安いと言われる30代の契約者が本人のみ限定の保険をかける場合は、驚くほど保険料が安くなることがあります。

また、インターネット割引が保険料の10%となります。
他社で比較的保険料が高い人にもインターネット割引を利用することで割安となることがあるので見積して比較してみましょう。

保険料試算の内容は2016年2月現在です。
保険加入を見直す際は、最新の見積を取り寄せて比較検討しましょう。

マツダ アテンザに加入する保険で重視するポイントは?

atenza

先ずは、基本的な補償として対人対物賠償を無制限として、一般条件の車両保険をつけて算出しています。

搭乗者用の人身傷害保険は、主に自分と家族のための保険なので、最小限で付けておけば、治療費や逸失利益のカバーはできるでしょう。

車両保険は、新車から約3年程度は、一般条件がよいでしょう。

また、相手との事故トラブルを減らすために「対物全損時修理差額費用特約」、「弁護士費用補償特約」を追加でセットして配慮してあります。

アテンザ XDプロアクティブの運転者年齢別の保険料について

年齢別の保険料は、記名被保険者のみ限定にして該当年齢にて試算しました。

25歳以上を補償する保険料(年払い):79,650円
30歳以上を補償する保険料(年払い):63,600円
35歳以上を補償する保険料(年払い):62,970円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

見積は、基本設定と同様に「アメリカンホーム保険」にて算出しています。

ご覧の保険料は、あくまでも参考としての一例なので他社との比較の際は、改めて試算してください。
現在の内容は、14等級で揃えてあるので若年層の保険料試算は、参考程度にご覧ください。
それと、保険会社によって同じ特約の設定でも自動と任意の違いがあるので、保険プランニングをしっかり行ってくれる総合代理店、または見積もりサイトを利用すると便利です。

被保険者と補償条件の基本設定

・被保険者の設定とリスク細分
主な記名被保険者の年齢:40歳

運転者年齢条件:40歳以上補償
運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー通勤・通学
契約距離(区分): なし
運転者限定:運転者本人限定
利用地域:東京都
ノンフリート等級:14等級(50%割引)

・基本補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 345万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

・任意選択の特約設定
弁護士費用補償特約:300万円

・自動付帯する主な特約
他車運転危険補償特約
対物超過修理費用特約:50万円

・各種割引
インターネット
証券不発行
ゴールド免許


  関連記事