1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

マツダ アテンザワゴンの年齢別保険料


33109

マツダ アテンザワゴンの保険料例

車名(通称名):アテンザワゴンXD
型式:GJ2FW
初度登録:平成27年1月
車両保険価額:330万円

今回試算したのは、アテンザワゴンXDの保険を見直しすることが目的です。
被保険者は35歳、運転者を本人限定で試算しました。

車両保険をフルにセットした内容で今回は、年間64,000円になりました。

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

アテンザワゴンXDは新車ということもあり、一般条件の車両保険に新車買替特約を付帯しています。
また、賠償責任については対人対物共に無制限として万全を期した内容にしました。

損保会社を選ぶ理由

erabu

保険会社:ソニー損保

保険会社は、2015年オリコンCSランキングで総合1位の「ソニー損保」を選びました。
ソニー損保は、商品契約のわかりやすさと保険金受け取りのスムーズさなど、多くの部門で上位を獲得しています。

もちろん、ロードサービスを始め、事故対応力も高く損保各社の中でも定評があります。

なお、現在話題となっている「運転行動連動型(PHYD:Pay How You Drive)」による「新型自動車保険特約」の詳細については、一括見積サイト、または、ソニー損保に直接お問い合わせください。

保険料試算の内容は2015年2月現在の内容です。
保険加入を見直す際は、最新の見積を取り寄せて比較検討しましょう。

マツダ アテンザワゴンで加入する保険で重視するポイントは?

point

・補償内容
比類無きディーゼルターボの圧倒的なトルクで走らせるアテンザワゴンXD。
こうしたクルマでは、ドライバーも少し飛ばし気味の傾向があり、車両保険や対人対物の賠償保険は、フルにかけておくほうが安心です。

なお、車両保険については、多少高めということもありエコノミーを検討する人もいるでしょう。
もちろん、対車両を基本とし自損事故や当て逃げのリスクを問わないということであれば、それも一考です。

もちろん豊かなトルクに乗った、ゆったりとした運転を味わう人もいることでしょう。
このディーゼルエンジンは、その気になればかなり速いので、心に誘惑が強いクルマということが言えるでしょう。
誘惑に負けず安全運転に努めることが重要ですが、できるだけしっかりした内容で保険をかけておくことも必要です。

・保険会社
今回、ソニー損保を選んだ理由は、新車だからこそ最悪の大事故の際に「新車買替特約」によって、クルマの買い替えができる保険が良いと考えました。
なお、ロードサービスの評判も高く、万一の際にも安心です。

インターネットをはじめ、早割、新車割引などどなたでも可能な割引が豊富です。
また、もらい事故対策として弁護士費用特約の付保は、欠かせない特約のひとつとなるでしょう。

マツダ アテンザワゴンの運転者年齢別の保険料について

年齢別の保険料は、記名被保険者を該当年齢にて試算しました。

21歳以上を補償する保険料(年払い):100,350円
26歳以上を補償する保険料(年払い):71,020円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

見積は、基本設定と同様に「ソニー損保」にて算出しています。

保険料については、14等級にて330万円の新車ということもあり、少々高めの金額です。
実は、ソニー損保についてですが、ダイレクト型保険の中では突出して安いということはありません。
むしろ、ダイレクト型損保の中においては、保険料がやや高めと言えるでしょう。

しかし、ネット上において多くの顧客がソニー損保に対し「満足」のポイントを付与しています。
そこで、内容を見てみると、加入契約に際しての項目での評価と事故対応時のコールセンターの対応と保険金支払いについて、高い評価が付いていました。

つまり、保険料が安いから選ぶのではなく、加入時の不安と事故発生時の不安を解消し、顧客に取って最も大切な、安心を提供しているということがうかがえます。

アテンザワゴンで保険の見直しの際は、そうした多角的な視点で保険を検討してみましょう。

被保険者と補償条件の基本設定

・被保険者の設定とリスク細分
主な記名被保険者の年齢:35歳

運転者年齢条件:30歳以上補償
運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:主に家庭用
契約距離(7区分):~5000km
運転者限定:運転者本人限定
利用地域:東京都
ノンフリート等級:14等級(50%割引)

・基本補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 330万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

・任意選択の特約設定
弁護士費用補償特約:300万円
新車買替特約

・自動付帯する特約
他車運転危険補償特約
対物超過修理費用特約:50万円
自損事故傷害特約
無保険者事故傷害特約

・各種割引
インターネット
早期契約
証券不発行
ゴールド免許
新車


  関連記事