1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

マツダ ベリーサの年齢別保険料


33108

マツダ ベリーサの保険料例

車名(通称名):ベリーサ
型式:DC5R
初度登録:平成27年1月
車両保険価額:200万円

今回試算したベリーサの保険加入者は、被保険者が35歳の契約者とその配偶者です。
気になる保険料は、年間で46,260円となりました。

もちろん、新車なので一般条件の車両保険をつけて算出しています。
また、相手との事故トラブルを防ぐため「対物全損時修理差額費用特約」「弁護士費用補償特約」をセットしています。

今回の保険会社を選ぶ理由

riyu

保険会社:そんぽ24

保険会社は、保険料が安い国内ダイレクトの「そんぽ24」を選びました。
そんぽ24は、メガ損保のひとつ「損保ジャパン日本興亜」のグループ企業です。

自動車保険に特化したダイレクト損保として、確実な事故対応に努めている保険会社です。

そんぽ24では、リスク区分を細分化して、年間走行距離5区分、年齢条件を4区分、そして使用目的は「業務使用の有無」のみの2区分として、保険料を算出します。
クルマの使用目的と走行距離の組み合わせによっては、他のダイレクト損保より保険料が安くなることがあるので比較してみましょう。

保険料試算の内容は2015年2月現在の内容です。
保険の見直しには、最新の保険料見積を集めるようにして検討しましょう。

マツダベリーサに加入する保険で重視するポイントは?

point

・補償内容
ベリーサは比較的コンパクトなクルマですが、対人対物賠償の保険だけは万全を期して「無制限」にて試算しています。

賠償額を無制限とするのは、過去の判例によるところが大きいのですが、近年、対人賠償に関しては、救急救命の処置が迅速に行われギリギリのところで命を落とさずに済む人も増えています。
しかしその反面、高度の後遺障害を補償する必要も出てきているのも現実です。
最近の対人賠償の高額判例は、後遺障害によるものがほとんどという現実もあるのです。

搭乗者の保険は、クルマの安全性能がアップしても事故の程度により、受傷することもあります。
事故には色々な状態が有るので、いつでも相手から補償が得られるとは限りません。
万一、自損事故の場合や運転者の過失であっても補償ができるように人身傷害保険でカバーしておきます。

車両保険は、自動車ローンを利用中なら確実に入りましょう。
万一の際、最悪のケースとして債務が残るのはとても大変です。
また、自損事故や当て逃げの場合には、一般車両保険をかけておけば安心です。

マツダベリーサの運転者年齢別の保険料について

年齢別の保険料は、記名被保険者を該当年齢にて試算しました。

21歳以上を補償する保険料(年払い):75,610円
26歳以上を補償する保険料(年払い):47,760円

見積は、基本設定と同様に「そんぽ24」にて算出しています。
26歳を超えると35歳との保険料差があまり無いということがよく分かります。

しかし、この保険料の試算結果は、一例に過ぎません。
現在の自動車保険は、保険会社、商品や特約の違いによって個別に保険料が異なります。
それは、たとえ同じクルマで同じ年齢の人でも、クルマの使い方が変わればリスクに差が生じるからです。

しかし自動車保険をよく知っている人でも、各社サイトにて個別に設定を入力して保険料試算をするのは、大変面倒な作業となるでしょう。
また、各種特約の違いを把握するにも、一晩二晩で理解することは困難です。
そこで、損保各社の一括で見積請求できるサイトを上手に利用して、保険を比較することをオススメします。

理想を言えば専門的知識を持ったファイナンシャル・プランナーに相談すればよいのですが、幅広く保険会社の商品に精通したプランナーは、一握りほどしかいません。

身近にそうした相談先がない場合、一括見積サイトを利用すれば、簡単に損保各社の保険商品の中から、自分にあったベストな保険を見つけることができます。

被保険者と補償条件の基本設定

・被保険者の設定とリスク細分
主な記名被保険者の年齢:35歳

運転者年齢条件:35歳以上補償
運転免許証カラー:ゴールド
使用目的(2区分):業務使用なし
契約距離(5区分): 4,000~7,999km
運転者限定:運転者本人+配偶者限定
利用地域:東京都
ノンフリート等級:20等級(63%割引)

・基本補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 195万円(一般条件/免責1回目5万円、2回目以降10万円)

・任意選択の特約設定
弁護士費用補償特約:300万円
対物超過修理費用特約:50万円
車対車免責ゼロ特約

・自動付帯する特約
他車運転危険補償特約
自損事故傷害特約
無保険者事故傷害特約

・各種割引
インターネット
新車


  関連記事