1番安い自動車保険教えます

1番安い自動車保険の探し方を紹介しています。

マツダ プレマシーの年齢別保険料


33107

マツダプレマシーの保険料例

車名(通称名):マツダプレマシー
型式:CWFFW
初度登録:平成27年1月
車両保険価額:250万円

今回試算したマツダプレマシーの保険加入者は、被保険者が35歳の契約者本人限定です。
気になる年間保険料ですが今回は、30,760円となりました。

(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

プレマシーは、マツダが誇るスタイリッシュな3ナンバーボディを持つミニバンです。
トールボディのボックス型のミニバンとは一線を画す、ファッショナブルなデザインが特徴です。

今回のプレマシーの20S-スカイアクティブLパッケージには、予防安全装備や衝突安全装備の最も優れた仕様を標準装備にしています。
もちろん、エアバッグはフロントシートだけでなく、サイドカーテンエアバッグまでが標準装備となっています。

予防安全装置は、ABS TCS DSCが3点セットで標準化していますから、クルマの緊急回避性能は、とても高いといえるでしょう。
安全装備がすべて標準で備わり、死角なしといったクルマです。
プレマシーはミドルサイズミニバンのカテゴリーですが、安全装備に関して上級ステーションワゴンと同じで安心です。

損保会社を選ぶ理由

ri

保険会社:イーデザイン損保

保険会社は、オリコンCSランキングで総合2位の「イーデザイン損保」を選びました。
イーデザイン損保は、東京海上グループの事故対応品質を持つ、ダイレクト型自動車保険会社です。
当然、事故対応力No.1と呼ばれる「東京海上日動火災保険」の、事故対応品質を持っていながら、ダイレクト型自動車保険として安い保険料で商品提供されますから、お得感がありますね。

また、イーデザイン損保の車両保険には新車に付けられる「車両新価特約」があります。
万一事故の修理費用が50%を超えるようなら、新たに新車を買い替えするのに必要な費用を支払ってもらえます。
つまり、半損以上なら新車に取替できるというわけですから、購入間もない新車には付けておきたい特約です。

保険料試算は2015年2月現在の内容です。
保険加入を見直す際は、最新の見積を取り寄せて比較検討しましょう。

マツダプレマシーに加入する保険で重視するポイントは?

puremasi

対人対物賠償保険は、無制限での加入をオススメします。

車両保険は、一般条件を基本として大きな損害発生時に備えます。
先の説明の通り「車両新価特約」の付帯により、半損で買い替えできる補償が付けられるのは、ダイレクト型損保では、ソニー損保と並んで珍しい商品です。
なお、今回は、日常・レジャーでの利用とのことですから、修理時の代車費用などは見積もりしませんでした。

通勤時に使用する人は、代車費用特約も忘れずに試算しましょう。

マツダプレマシーの運転者年齢別の保険料について

プレマシーの年齢別の保険料は、記名被保険者を該当年齢にて試算しました。

21歳以上を補償する保険料(年払い):48,750円(免許証のカラーはグリーン)
26歳以上を補償する保険料(年払い):34,720円
(※ネット査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです)

見積は、基本設定と同様に「イーデザイン損保」にて算出しています。

ご覧の保険料は、あくまでも参考としての一例なので他社との比較も必要です。
20等級での試算結果なので、あくまでも参考程度としてください。

なお、今回の試算に当たり、プレマシーの2015年2月現在の料率クラスは次のとおりです。
ご覧いただく通り、大変低い数値で、コンパクトカー並かそれ以下の料率です。
車両4 対人4 対物3 傷害4

このことによって、他のライバル車より維持費も安くなると考えられます。
元々、同一クラスのクルマと比べて、車両価格も安くなっており保険料も安ければ、さらにユーザーにメリットが高くなるでしょう。

損保各社の見積を各サイトで試算するのは、一般の人には大変だと思います。
1~2社程度なら比較も含めて可能だと思いますが、それ以上は、特約の違いなどを理解するのにも手間がかかります。

そこで、一括見積もり請求できるサイトを利用すれば、かんたんに同一の条件で見積が集められます。
入力も一度で済むので大変便利です。

被保険者と補償条件の基本設定

・被保険者の設定とリスク細分
主な記名被保険者の年齢:35歳

運転者年齢条件:35歳以上補償
運転免許証カラー:ゴールド
使用目的:日常・レジャー
契約距離(区分):~5000km
運転者限定:運転者本人限定
利用地域:東京都
ノンフリート等級:20等級(63%割引)

・基本補償設定
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(搭乗中のみ)
車両保険 255万円(一般条件/免責1回目0万円、2回目以降10万円)

・任意選択の特約設定
弁護士費用補償特約:300万円
車両全損時臨時費用特約
車両新価特約250万円

・自動付帯する主な特約
他車運転危険補償特約
対物超過修理費用特約:50万円

・各種割引
インターネット
早期契約
証券不発行
新車


  関連記事